ドコモ、LTE対応の車載ビジネストランシーバを販売開始


株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘、以下ドコモ)は、法人企業が自ら無線免許申請や設備構築を用意せずに利用可能なトランシーバサービス「ドコモビジネストランシーバ」で、LTE対応の新機種iVo-400を2月20日より販売開始する。

ドコモビジネストランシーバは、パケット通信を利用して一斉通話やグループ通話並びにデータ通信などができる端末である。

従来はFOMA®対応としてサービス提供してきたが、LTEに対応することで、より大容量のデータ通信が利用可能となる。

今回販売開始する車載タイプのiVo-400では、これまで外部オプション品として提供していたGPSアンテナを、通信モジュールに組み込んでいるため、本体のみで位置測位機能を利用できる。

合わせて新たな料金プランを提供し1,800円から利用できる二段階定額プラン「LTEトランシーバプラン ダブル」と、約366.2MBまでなら2,200円で利用できる大容量の無料通信分を含んだ「LTEトランシーバプラン」を用意した。

「LTEトランシーバプラン ダブル定額」は二段階定額プランのため、利用しない月は定額の下限値で保有可能なことから、緊急時用として導入しやすく、さらに、どんなに使っても定額の上限が決まっているため、通信料金を気にせず利用でき、かつ「LTEトランシーバプラン」は、同一のご契約名義内で無料通信分を分けあうこともできる。

本体価格オープン価格
提供開始日2018年2月20日(火)
料金料金
販売および受付窓口
・全国のドコモ法人営業担当
・ドコモのホームページ 法人のお客さま <   >