ダンロップ、FIA-F4選手権へのワンメイクタイヤ供給を継続

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダンロップブランドを配する住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市中央区、社長:池田育嗣、以下住友ゴム)は、FIA-F4選手権へのDUNLOP「DIREZZA(ディレッツァ) レーシングタイヤ」のワンメイクタイヤ供給を2018年から引き続き供給する。これで同社・同ブランドのサポートは3シーズン目に突入する。

このFIA-F4選手権は、F3につながる新たなエントリーフォーミュラカテゴリーとして2014年にイタリアで初めて開催され、日本では2015年より「SUPER GT」シリーズのサポートレースとして開催されている。

DUNLOPは、開催初年度からワンメイクタイヤを供給しており、2018年からの3シーズンも引き続きタイヤ供給を継続することで若手ドライバーの育成とモータースポーツの発展をサポートしていく。

FIA-F4選手権 公式WEBサイト:
https://fiaf4.jp/pages