日産自動車・栃木工場の従業員、平成29年春の黄綬褒章を受章

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:西川 廣人)は、平成29年春の褒章に於いて、同社栃木工場 工務部 第一工務課に所属する従業員の矢嶋 渡氏が「黄綬褒章」を受章し、5月16日に伝達式が行われたと発表した。

矢嶋氏は、同社で40年の間、自動車製造設備保全に従事している。今回の受賞は、塗装品質を左右する設備の安定稼働に同氏の卓越した設備診断・分析技能が活かされ、栃木工場において業界トップレベルの塗装品質が実現したこと、および保全職種業務全般において安全を強く意識した教育環境の整備など、後進の育成に尽力した功績が認められたもの。

また同氏は、平成25年度に「卓越した技能者」栃木県知事賞を受賞並びに「とちぎマイスター」に認定されるとともに、平成27年度に「卓越した技能者」厚生労働大臣賞「現代の名工」を受賞し、今回の黄綬褒章の受章に至った。

写真は栃木工場の様子

ちなみにこの春秋の褒章には、自己の危難を顧みず人命の救助に尽力した方を対象とする紅綬褒章。社会奉仕活動に従事し顕著な実績のある個人等を対象とする緑綬褒章、。

その道一筋に業務に精励し衆民の模範である方を対象とする黄綬褒章。

学術、芸術、技術開発等の功労者を対象とする紫綬褒章。教育、医療、社会福祉、産業振 興等の分野で公衆の利益を興した者又は保護司、民生・児童委員、調停委員等の事務に尽力した方を対象とする藍綬褒章がある。