米GM、有人月探査計画の燃料電池技術を搭載した「Electrovan」開発50周年


米国で、その後50年に亘って熱烈に支持されて続けている「バットマン」と「スタートレック」のテレビ放映が始まった1966年。ゼネラルモーターズ・カンパニー(本社:デトロイト、CEO:メアリー・バーラ、以下、GM)は、水素を動力源とする燃料電池車「Electrovan」を用いた走行実験を世界で初めて実施した。

equipped-with-the-us-gm-fuel-cell-technology-of-manned-lunar-exploration-plan-electrovan-development-50-anniversary20161011-2

Quote:

当時200名から成るチームと共に「Electrovan」として初民生技術転用のプロジェクトマネージャーとして 、同計画燃料電池技術を初民生技術転用に取り組んだフロイド・ウィチャレック氏(91歳)は、「この燃料電池技術は、1962年にジョン・F・ケネディ大統領がアメリカ航空宇宙局(NASA)に指示した『1960年代の終わりまでに人類を安全に月面着陸させる』という計画が発端となって培われたものでした。

このプロジェクトは3交代制で遂行され、1966年1月に開始。その後10ヵ月後に終了しました。

燃料電池の耐久性は、試験セル内で数ヶ月間にわたって実証されました。また走行加速と最高速度の試験については、シャシーダイナモメーター上で行われました。

そして、同年の10月に、『Progress of Power(力の進化)』をテーマに記者発表会を開催し、1台のデモ走行車両を用意しました」 と述べた。

equipped-with-the-us-gm-fuel-cell-technology-of-manned-lunar-exploration-plan-electrovan-development-50-anniversary20161011-9

以来2016年を迎えた現在まで、GMは、水素燃料電池技術に25億ドル以上を投資しており、特許数に於いてもHondaと並ぶリーディングカンパニーのひとつとなった。

2013年よりHondaと提携して開発を進めている次世代システムは、大幅な出力アップが図られるだけでなく、2名しか乗車できなかった1966年当時の「Electrovan」に比べ、燃料電池の小型化により、サイズも数分の1の大きさに収まる予定である。

いくつかの燃料電池実証プログラムを通じて、GMは現代の燃料電池システムで310万マイル以上の実走行データを蓄積してきた。

10月3日にワシントンD.C.で開催された合衆国陸軍協会(AUSA)の年次総会と展示会に於いてGMは、この最新の燃料電池デモ車両であるシボレー・コロラドZH2を披露。

オフロードモデルであるこの中型ピックアップは、来年、陸軍において過酷な条件でテストされることになっている。

equipped-with-the-us-gm-fuel-cell-technology-of-manned-lunar-exploration-plan-electrovan-development-50-anniversary20161011-3

なお偶然にも、このZH2の契約から完成までに要した時間は、「Electrovan」と同じくおよそ10ヵ月であった。

ZH2は「GM Hydrotec」のバッジをつけた初めての燃料電池車として登場し、Ecotecガソリンエンジンの系統を汲む1台となる。

equipped-with-the-us-gm-fuel-cell-technology-of-manned-lunar-exploration-plan-electrovan-development-50-anniversary20161011-99

この成果について、燃料電池事業のエグゼクティブディレクターを務めるチャーリー・フリーズ氏は、「私達は燃料電池車の市販を目指しつつ、軍事、航空宇宙、およびその他の分野においても燃料電池システムの幅広い可能性を見出しています。

そうした中、Electrovan開発50周年を祝うことは本当に特別なことです」とコメントしている。

equipped-with-the-us-gm-fuel-cell-technology-of-manned-lunar-exploration-plan-electrovan-development-50-anniversary20161011-1

今日、厳密に云うと「Electrovan」は、水素が車両を駆動させるエネルギー源として利用できるかを研究するための試験車両だったが、プロジェクトの終了後「Electrovan」は、2001年に再発見されるまでの31年間、ミシガン州ポンティアックの倉庫に格納されていた。

そんなポンティアックは、奇しくも2012年後半以降、GMグローバル燃料電池事業の本拠地となっている。

「Electrovan」は現在、燃料電池の展示の際に使用され、外部のミュージアムに貸し出される以外はGMヘリテージセンターに収蔵されている。