東洋ゴム工業の欧州販社、独ブンデスリーガ加盟クラブとプレミアムパートナー契約を締結

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

東洋ゴム工業株式会社(本社:大阪府大阪市西区江戸堀、社長:清水隆史)の欧州タイヤ販売子会社、TOYO TIRE Europe GmbH(社長:栗林健太、以下“TTE”)は、ドイツのプロサッカーリーグであるブンデスリーガ加盟クラブ「フォルトゥナ・デュッセルドルフ(ドイツ語表記:Fortuna Düsseldorf)」とプレミアムパートナー契約を締結した。

european-distributors-of-toyo-tire-rubber-signed-a-german-bundesliga-and-premium-partner-contract20160704-1
左:ロベルト・シェーファー、フォルトゥナ・デュッセルドルフCEO、中央:栗林健太TTE社長、右:金城ジャスティン俊樹選手(フォルトゥナ・デュッセルドルフ所属)

契約期間は、本年7月から2018年6月までの期間(2シーズン)となる。

「フォルトゥナ・デュッセルドルフ」は、独・ブンデスリーガ創設前の1895年に創設された伝統あるクラブ(現在はブンデスリーガ2部加盟)。

TTEの所在地ドイツ・デュッセルドルフに本拠地を置き、ジェローム・キーセウェッター選手(FW、米国代表)など、才能溢れる選手を中心にチームの編成を行い、リーグ制覇をめざしている。

同クラブには、若い日本人選手らも所属しており、日本サッカー界の未来を担っていく可能性を持っている。

また、高い目標を掲げ突き進むチームの姿勢にも共鳴し、彼らを全面的に応援していきたいと考え、このたびスポンサーシップを表明し、契約を締結した。

TTEは、今後、同クラブのパートナーとして、チーム本拠地スタジアム(エスプリ・アリーナ)に於いてロゴの掲出や同クラブ選手を起用した各種販促活動も行ない、ドイツを中心とした欧州タイヤマーケットでのブランド認知度やイメージの向上を図る。

【スポンサー契約の主な内容】
*契約期間:2016年7月1日から2018年6月30日まで
*契約締結によって取得した主な権利
・本拠地であるエスプリ・アリーナにおける、各看板広告の掲出
・同チーム資産を活用した各種販促素材の制作・活用等