スーパーGTのデモランを鈴鹿サーキットの無料イベントで実施


2018年3月10日(土)・11日(日)の2日間、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催される「2018 モータースポーツファン感謝デー」で、国内で注目度の高いレース「SUPER GT」のイベント「新生!鈴鹿GT 300km×鈴鹿の新たな戦い」の実施が決定した。

このイベントは、GT500クラスのマシンである、DENSO KOBELCO SARD LC500(LEXUS)、RAYBRIG NSX-GT(Honda)、カルソニック IMPUL GT-R(Nissan)の3台とGT300クラスのマシンでデモンストレーションランを行うもの。本番さながらのローリングスタートなど、SUPER GTシリーズの迫力を、シーズン開幕より先に体感できる催しとなっている。

新生!鈴鹿GT 300km×鈴鹿の新たな戦い
日程:3月10日(土)・11日(日)
場所:国際レーシングコース 東コース
登場マシン:DENSO KOBELCO SARD LC500、RAYBRIG NSX-GT、カルソニック IMPUL GT-R
※出演ゲスト、その他マシン、開催時間は決定次第案内される。

今シーズン、鈴鹿サーキットで開催するSUPER GTシリーズは、5月19日(土)・20日(日)に300kmレースとして開催される。8月に開催されてきた「鈴鹿1000km」から距離が短くなり、また気候も変わることから、よりアグレッシブなレース展開が期待されている。

<2018 モータースポーツファン感謝デー>
 
毎年春に行われる鈴鹿サーキットのファン感謝イベント。公式サイトの「特別ご招待券」を当日入場ゲートで提示することで5名まで無料で入場、観覧が可能。