日産とオーテックジャパン「国際福祉機器展H.C.R.2015」に福祉車両6台を出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)と株式会社オーテックジャパン(本社:神奈川県茅ヶ崎市、社長:宮谷 正一)は、10月7日(水)から9日(金)までの3日間、「東京ビッグサイト」で開催される「第42回 国際福祉機器展H.C.R.2015」に、ライフケアビークル(LV・福祉車両)を6台出展する。

nissan-note-based-rider-axis-life-care-vehicle-improvement20150708-2-min

今回は同社のラインアップの中から、100%電気自動車「e-NV200」をベースに福祉施設や病院などでの送迎用として開発された「e-NV200 送迎タイプ」、電動の昇降シートにより乗り降りをサポートする「日産デイズ ルークスアンシャンテ」など、計6台を出展していく。

展示ブースにおいては、車両や歩行者との衝突回避をサポートする「エマージェンシーブレーキ」や、駐車時などに上空から見下ろしたように把握できる「アラウンドビューモニター」なども、紹介する。

なお10月9日(金)には、男子400mハードル日本記録保持者で、現在は競技用義足の開発にも携わる為末 大さんによるトークショーも予定している。

<「第42回 国際福祉機器展 H.C.R.2015」概要>
日時 :10月7日(水)~10月9日(金) 10:00~17:00
会場 :東京国際展示場「東京ビッグサイト」東展示ホール (東京都江東区有明3-11-1)
主催 :全国社会福祉協議会、保健福祉広報協会
入場料 :無料

<出展車両一覧>
車種 仕様
NV350 キャラバン チェアキャブ M仕様
セレナ チェアキャブ スロープタイプ 車いす2名仕様
NV200 バネット チェアキャブ 車いす2名仕様
e-NV200 送迎タイプ
日産デイズ ルークス アンシャンテ 助手席スライドアップシート
ノート アンシャンテ 助手席スライドアップシート

<関連URL>
ライフケアビークルサイト
http://lv.nissan.co.jp