キャデラックCTS-V、浅間モーターフェスティバルと代官山T-SITEで展示公開


6.2リッターV8エンジンのスポーツセダン「キャデラックCTS-V」が一般初公開

ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:石井 澄人、略称:GMジャパン)のブランドの一つであるキャデラックは、6.2リッターV8エンジン(649PS/855N・m)を搭載する「キャデラックCTS-V」と、3.6リッター・ツインターボ・エンジンを搭載(470PS/603N・m)した「キャデラックATS-V」をHERITAGE Auto Garden(東京・代官山)と、浅間モーターフェスティバル(群馬県北軽井沢)の2つのイベントで、日本で初めて一般公開すると発表した。

gm-japan-announced-the-power-unit-of-the-super-sports-sedan-cadillac-cts-v-20150623-1-min

gm-japan-and-published-a-power-unit-of-the-super-sports-sedan-cadillac-ats-v20150623-8-min

イベントでの発表概要は以下の通り。

gm-japan-and-published-a-power-unit-of-the-super-sports-sedan-cadillac-ats-v20150623-12-mingm-japan-and-published-a-power-unit-of-the-super-sports-sedan-cadillac-ats-v20150623-1-min

<イベント概要>
代官山 THE HERITAGE 「HERITAGE Auto Garden」
カルチュア・コンビニエンス・クラブ主催の「HERITAGE Auto Garden(http://tsite.jp/daikanyama/event/005109.html)」において、日本で初めて一般に公開。

展示日時:
2015年10月16日(金)18:00~22:00
2015年10月17日(土)10:00~22:00
場所:DAIKANYAMA T-SITE 駐車場(東京都渋谷区猿楽町17-5)
展示車両:「キャデラックCTS-V」

gm-japan-announced-the-power-unit-of-the-super-sports-sedan-cadillac-cts-v-20150623-8-mingm-japan-announced-the-power-unit-of-the-super-sports-sedan-cadillac-cts-v-20150623-5-mingm-japan-and-published-a-power-unit-of-the-super-sports-sedan-cadillac-ats-v20150623-7-min

浅間モーターフェスティバル
「浅間モーターフェスティバル(  )」は、歴史ある欧米のモーターフェスティバルをモデルとし、歴史あるレーシングカーやレーシングバイクが集結。

多くのモータースポーツ愛好家が、古き良き時代から現代の数多くのブランドのレーシングマシンとスポーツマシンの魅力を楽しむことのできるイベント。

上記の新型「キャデラックCTS-V」と、キャデラックのVシリーズ史上、最小最軽量でありながら、初の3.6リッター・ツインターボ・エンジンを搭載した新型「キャデラックATS-V」の2台が、日本の名曲「丘を越えて」のモデルとなった浅間牧場の山間ワインディングロードを疾走する予定。

gm-japan-announced-the-power-unit-of-the-super-sports-sedan-cadillac-cts-v-20150623-16-min

キャデラックのスーパー・スポーツセダン“Vシリーズ“が一般向けに公道を走るのは、このイベントが日本初となる。

展示日時:
2015年10月24日(土)12:30~13:30(予定)
イベントを予定、内容・詳細は後日発表。
場所:浅間火山博物館前広場(群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢、  )
展示・走行車両:「キャデラックCTS-V」と「キャデラックATS-V」

新型「キャデラックVシリーズ」について
キャデラックVシリーズは、初代が米国で2004年に市場導入され、2009年に第2世代目から日本市場に導入された。

Vシリーズは、キャデラック・ラグジュアリー・セダンをベースに、サーキット仕様のパフォーマンスを持つスポーツセダン。

キャデラックのVシリーズにおいて、エントリーモデルとなる新型「キャデラックATS-V」は、キャデラックのVシリーズ史上、最小最軽量。

最高出力470PS(346 Kw)/5,850rpm、最大トルク603N・m(61.5kg・m)/3,500rpmの3.6リッター・ツインターボ・エンジンを搭載し、0-60 mph(約96.6km/h)加速、3.8秒の加速性能を持っている。

一方、ミッドサイズのスーパー・スポーツセダン新型「キャデラックCTS-V」は、最大出力649PS(477Kw)、最大トルク855N・m(87.2kg・m)/3,600rpm(北米測定値)の6.2リッターV8エンジンを積んだモデル。0-60mph(約96.6km/h)加速は3.7秒である。