F1ベルギーGP速報、ルイス・ハミルトン優勝


F1ベルギーGPの決勝レースが8月23日(日)、首都ブリュッセルの東南東、ドイツとの国境近隣のスパ・フランコルシャン・サーキットで開催された。

優勝したのは、ここのところ安定さが際立つメルセデスのルイス・ハミルトン。2位にはチームメイトのニコ・ロズベルグが続き、結果的に2台のメルセデス陣営が、3位以下のグループを大きく引き離してワン・ツゥ・フィニッシュを達成した。

3位には、ロマン・グロージャン(ロータス)が今季初表彰台を獲得。4位には第2集団から追い上げてきたダニール・クビアト(レッドブル)が食い込んだ。

レースは、チームメイトのニコ・ロズベルグがスタートに失敗して一旦後退する一方で、今季10回目・6戦連続のポールポジション獲得で、落ち着いた走りを見せるハミルトンがスタートから好調さを維持。

f1-belgian-gp-breaking-lewis-hamilton-victory20150824-2

オープニングラップには、セルジオ・ペレス(フォース・インディア)、ダニエル・リカルド(レッドブル)、バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)、ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、パストール・マルドナド(ロータス)、ロマン・グロージャン(ロータス)、フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)、ダニール・クビアト(レッドブル)を引き連れ、レース初旬からリードを保ちつつ、終始レースをリードする展開に持ち込み、今季6勝目を挙げた。

マクラーレン・ホンダ陣営では、フェルナンド・アロンソの車が、ICE/ターボチャージャー/MGU-Hを8基目、MGU-Kを7基目に積み替え。

ジェンソン・バトンの車は、ターボチャージャーとMGU-Hを9基目、ICEとMGU-Kを8基目に積み替えるなど、シーズン当初からの低迷を払拭するべく、ペナルティ覚悟の新エンジン搭載で大きな賭に出て周囲からも期待を集めていたのだが結果、フェルナンド・アロンソが13位、ジェンソン・バトンが14位と周回遅れのノーポイントに沈んだ。

エネルギー回生システム(ERS)など、パワーマネジメントのトラブルが多発して、トップスピードと加速力が明らかに不足していたようだ。ホンダ陣営の悩みは未だ深い。

なお当初、予選4番手を獲得していたロマン・グロージャン(ロータス)は、ギアボックス交換により、5グリッドダウンの9番手スタートになってしまった。

f1-belgian-gp-breaking-lewis-hamilton-victory20150824-1

グリッドダウンしたドライバーは他にも居たのだが、誰よりも今ラウンドで最も不運だったのは、残り周回2周を迎えた次点で3位を走行していたセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)だろう。

金曜のフリー走行2回目時点で、ニコ・ロズベルグが体験したタイヤトラブルとほぼ同じ状況で右リアタイヤがバースト。これが原因で上位入賞枠から脱落。結果ベッテルは、ピットストップのまま完走扱いの12位となってしまったのである。

リザルト上の完走は、ウィル・スティーブンス(マノー・マルシャ)までとなっている。次戦は9月4日に、フリー走行が開始される第12戦イタリアGPとなる。

天候:晴天、気温23度、路面温度38度、湿度40%

F1ベルギーGPリザルト
順位:No:ドライバー(チーム)
1位:44:ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2位:   6:ニコ・ロズベルグ(メルセデス)
3位:   8:ロマン・グロージャン(ロータス)
4位:26:ダニール・クビアト(レッドブル)
5位:11:セルジオ・ペレス(フォース・インディア)
6位:19:フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)
7位:   7:キミ・ライコネン(フェラーリ)
8位:33:マックス・フェルスタッペン(トロ・ロッソ)
9位:77:バルテリ・ボッタス(ウィリアムズ)
10位:  9:マーカス・エリクソン(ザウバー)
11位:12:フェリペ・ナスル(ザウバー)
12位:   5:セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)
13位:14:フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)
14位:22:ジェンソン・バトン(マクラーレン)
15位:98:ロベルト・メルヒ(マノー・マルシャ)
16位:28:ウィル・スティーブンス(マノー・マルシャ)
———55:カルロス・サインツ(トロ・ロッソ)
———- 3:ダニエル・リカルド(レッドブル)
———13:パストール・マルドナド(ロータス)
———27:ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)

 

その他の記事(新車関連)
08/20・ホンダ、インドネシアでBR-Vプロト世界初公開
08/20・AUDI TT COUPE/ROADSTER/TTS発売
08/20・LEXUS、フラッグシップSUV「LX」発売
08/20・BMW、340I 40TH ANNIVERSARY EDITION発表
08/20・BMW、新3シリーズセダ/ツーリング発表

08/20・MBJ、SL350 Mille Miglia 417限定20台
08/20・MBJ、SLKの装備を拡充して発売
08/20・MBJ、SLの装備を拡充して9月発売へ
08/19・ボルボV40に1.5Lターボエンジン搭載
08/19・日産、中国で新ムラーノ ハイブリッド発売

08/19・BMW4系クーペM SPORT STYLE EDGE70台限定
08/18・AUDI、A8 3.0 TFSI QUATTROに新型LEDライト
08/18・VGJ、UP!にCROSS UP!追加
08/17・トヨタ、ランドクルーザーをマイナーチェンジ
08/14・MB、新Cクラスクーペの概要公表

その他の記事(モータースポーツ関連)
08/19・SUPER GT第5戦でGT-R勢4連勝を目指す
08/18・マクラーレン、青山でファンイベント限定250名
08/18・エアレース第5戦、FALKENの室屋義秀選手が3位
08/17・アジアクロスカントリーラリーでアウトランダー完走
08/15・ホンダF1総責任者の新井康久氏前半戦を振り返る

その他の記事(イベント関連)
08/21・アウディ、EVの新境地を拓くプロトIAAで発表
08/19・JAF栃木、交通事故回避運転の体験学習開催9/13
08/19・八千代工業の土田選手、はまなす車いすマラソン出場
08/17・ブリヂストン、第12回子供エコ絵画コンクール作展示
08/17・新型ランドクルーザーお披露目会、由比ガ浜で実施中

その他の記事(技術関連)
08/21・横浜ゴム、ブルーライトカットフィルムを産業分野へ
08/19・コンチネンタル、独の協調型高度自動運転を牽引
08/19・日本自動車研究所、第13回産学官連携功労者表彰
08/19・デンソー、バイオ燃料の大規模実証設備を建設
08/13・日本自動車研究所、自動運転車の公道データ収集開始

その他の記事(企業・経済)
08/21・日産、新たなブランドコミュニケーションを開始
08/21・トヨタ、ハイブリッド車の世界累計800万台突破
08/17・三井不動産、リパーク駐車場に充電インフラ設置
08/14・ジャガー・ランドローバー、スロバキアで車両製造
08/13・日本精機、ヘッドアップディスプレイ250万台突破

その他の記事(話題)
08/20・J.D.パワー、2015年日本自動車セールス満足度調査
08/19・JXエネルギー「第63回 朝日広告賞」受賞
08/18・豊田自動織機、台湾の企業を取得・新興国市場へ
08/14・日本のモータースポーツを駆け抜けた浮谷東次郎展
08/11・ポルシェ、独イベントで959生誕30周年を祝う

WeightymattersサイトTOPに戻る