FALKENタイヤ、2016年度のモータースポーツ活動計画を発表


falken-third-overall-win-in-24-hours-nurburgring20150520-1-min

住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市中央区、社長:池田育嗣、以下住友ゴム)傘下のFALKEN(ファルケン)ブランドは3月18日、2016年度のFALKENモータースポーツ活動計画を決定した。

活動内容は昨年に引き続き、世界一過酷なレースとも言われるドイツの「ニュルブルクリンク24時間レース」に参戦し、昨年総合3位入賞を果たした「FALKEN Motorsports」による参戦を実施する。

falken-2016-fiscal-year-of-motor-sports-action-plan-announced20160321-2

また併せて新たにFALKENタイヤを装着する「スバルテクニカインターナショナル」の2チームへのタイヤ供給も行っていく。

FALKEN(ファルケン)ブランドでは、「これらの活動から、欧米を中心に高評価を得ているFALKENブランドのさらなる価値向上を目指すとともに、モータースポーツの発展に貢献します」と語っている。

■2016年 FALKENモータースポーツ活動計画概要
ニュルブルクリンク24時間レース
クラス  :SP9(FIA-GT3)
チーム  :FALKEN Motorsports
車両   :Porsche 911 GT3 R
ドライバー:Wolf Henzler / Peter Dumbreck / Martin Ragginger /Alexandre Imperatori

クラス  :SP3T
チーム  :スバルテクニカ / インターナショナル
車両   :SUBARU WRX STI
ドライバー:山内 英輝 / Marcel Lasèe  / Carlo van Dam / Tim Schrick