FCAジャパン、新型Jeep(ジープ)コンパス10/30発表


フラッグシップモデルから受け継いだ最先端のJeep®デザイン。Apple CarPlay、Android Auto連動

FCA ジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、Jeep®ブランドのコンパクトSUV「Compass(コンパス)」の新型車を、2017年10月30日(月)に発表した。

同社によると「お客様を新たな世界へ誘う、人生のコンパスとなるような SUV。これは新型コンパスが掲げるコンセプトです。

SUVをより身近な存在とした初代モデルは、その自由さ、気軽な世界観が支持され、Jeep®ブランドの裾野を広げました。

2代目となる新型コンパスは、初代で好評を博したユーザーフレンドリーなDNAを受け継ぎながら、デザインや機能、快適性、安全性など全方位において進化を遂げ、お客様を次なるステージへと導きます」と新型車の魅力を語っている。

実際の新型コンパスは、個々のユーザーのライフスタイルに合わせていく柔軟さを持っているだろう。

それは都市部の移動から週末のロングツーリング、大きな荷物やギアを積み込んでも遊びに至るまで、室内空間の大きさに起因にする利便性に優れているからだ。

また車両が刷新されたことでクラッシュミティゲーション(自動ブレーキ)付の前面衝突警報をはじめ、高速走行時に一定の車間距離を保ち、先行車両が停止すると自動で停車までを行うSTOP&GO機能付アダプティブクルーズコントロール、安全な車線変更や駐車スペースからの後退をサポートするブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション、後退時の視界確保を支援するリアバックアップカメラなどの安全・運転支援装置も備えた。

なおFCAジャパンでは、新型「コンパス」のティザーサイトも開設している。
新型Jeep®コンパス ティザーサイト: