FCAジャパン、「ジープ・レネゲード」トレイルホーク・ビーツ・エディションを6/10発売へ


Jeep® Renegade Trailhawk Beats Edition、専用色を含むカラフルな4色バリエーションを展開で、Beats by Dr. Dreとのコラボレーションモデルとして誕生

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、ジープ・ブランドのスモールSUV「レネゲード(Renegade)」の限定モデル「Jeep® Renegade Trailhawk Beats Edition(トレイルホーク・ビーツ・エディション)」を、6月10日(土)より全国のジープ正規ディーラーにて、合計200台で限定販売する。

Beats Audioプレミアムサウンドシステムを搭載したトレイルホーク・ビーツ・エディションは、オーディオブランドBeats by Dr. Dreとのコラボレーションモデルとして誕生した。

サブウーハーを含む合計9基のスピーカーをインパネ、フロントドア、リアドアおよびカーゴエリアに配置することで、大出力506W、8チャンネルのパワーアンプによる臨場感あふれるサウンドが愉しめる一台に仕上がっている。

外装色には、ポップで際立つデザインのレネゲードに似合うカラフルな4色を設定。オマハオレンジとジェットセットブルーは、これまでベース車両のトレイルホークに設定の無かった限定モデル専用のボディカラーとなった。

なお発売を記念し、トレイルホーク・ビーツ・エディションの購入者全員にBluetoothワイヤレススピーカー「Beats Pill+(ビーツ・ピル+)」が進呈される。

加えて、これら装備や特典が付帯されながらもメーカー希望小売価格(税込)はベース車両のトレイルホークと同じ3,456,000円となっている。

<車両概要>
名称:ジープ・レネゲード・トレイルホーク・ビーツ・エディション(ベースグレード:トレイルホーク)
台数:計200台
– コロラドレッド 50台
– オマハオレンジ 65台
– ジェットセットブルーメタリック 50台
– ソーラーイエロー35台
※内装色は全てブラック
希望小売価格(税込):3,456,000円 [税抜3,200,000円]
主な仕様
– エンジン:直列4気筒 マルチエア 16バルブ
– 排気量:2,359cc
– 駆動方式:4輪駆動 (オンデマンド方式)
– トランスミッション:電子制御式9速オートマチック
– 使用燃料:無鉛レギュラーガソリン
– 最高出力:129kW(175ps)/6,400rpm (ECE)
– 最大トルク:230N.m(23.5kg.m)/3,900rpm (ECE)
– ハンドル:右

※製品詳細: