FCAジャパン、ポップスターに装備拡充した「FIAT 500Xセーフティパッケージ」を限定発売

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

限定150台を3月4日より全国フィアット正規ディーラーで展開

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)は、フィアット・ブランドのスモールSUV「フィアット500X」の限定車「フィアット500Xセーフティパッケージ」を計150台、3月4日(土)より全国のフィアット正規ディーラーから販売する。

フィアット500Xセーフティパッケージのベースモデルは、フィアット500Xのエントリーグレードである「ポップスター」となっている。今仕様の最大の特徴は、ベースモデルでは搭載されていない安全装備を全て(フィアット500Xで設定のもの)搭載している点にある。

具体的には前面衝突警報、車線逸脱警報、ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション、リアパーキングカメラ、アダプティブクルーズコントロール、計5つの安全装備を備えながら、ベースモデルより108,000円高とした。

通常モデルに非設定のアダプティブクルーズコントロールも装備

しかもアダプティブクルーズコントロールは上級モデルにも非設定の特別な装備となっている。

加えて上位グレードに標準設定されているバイキセノンヘッドライトおよび18インチのアロイホイールを採用した。

車両概要は以下の通り

モデル名:フィアット500Xセーフティパッケージ
ボディカラー/販売台数
ブルーアバター/100台
レッドヒュプノティック/50台
全国メーカー希望小売価格(税込)
2,970,000円 [税抜 2,750,000円]

主な仕様
排気量:1,368cc
エンジン:直列4気筒 マルチエア 16バルブ インタークーラー付ターボ
燃費(JC08モード):15.0km/ℓ
最高出力:103 kW(140ps)/5,000 [EEC]
最大トルク:230Nm(23.5kgm)/1,750 [EEC]
トランスミッション:6速乾式デュアルクラッチオートマチック
ハンドル位置:右

フィアット500Xで設定されている全ての安全装備を標準で提供

<安全装備>
前面衝突警報
衝突のリスクがあると判断した場合、ドライバーに警告を発し、さらに自動的にブレーキを作動。衝突被害を軽減。

車線逸脱警報
意図せず車線変更をするとドライバーに警告を発し、さらに自動的にステアリングを制御し車線維持をアシスト。

ブラインドスポットモニター/リアクロスパスディテクション
車線変更やバックの際、死角に別の車両がいる場合は、警告音でドライバーに注意を喚起。

リアパーキングカメラ
車両後方の画像を車内モニターに表示。駐車時にドライバーをサポート。

アダプティブクルーズコントロール
レーダーセンサーにより前方車両を認識し、車間距離に応じて自動的に走行速度を調整。

<その他>
バイキセノンヘッドライト
18インチのアロイホイール
※商品サイト: http://www.fiat-auto.co.jp/limited/safetypackage/