FCAジャパン、フェラーリ顧客向け代車としてアバルト車両の提供を開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

FCAジャパンとして初のプロジェクト。全世界99台限定、日本導入は10台

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)は、アバルトブランドの「Abarth 695 Biposto(ビポスト)」を、フェラーリ・ジャパン(本社:東京都港区、社長:リノ デパオリ)の顧客を対象としたサービス代車として提供し、フェラーリ・ジャパンは本日2016年5月2日よりサービス提供を開始した。

fca-japan-started-to-provide-abarth-vehicle-as-ferrari-customers-cost-car20160503-2

今回のフェラーリ顧客向け代車サービスは、「ABARTH 695 Biposto Ferrari Courtesy Car」との名のもと、昨年10月より欧州を皮切りに開始したグローバルプロジェクトとなる。

ビポストの標準仕様にフェラーリならではのレッドの特別ボディカラーを設定

対象車両はアバルト695ビポストをベースに、特別仕様車として世界99台限定で製造した。

fca-japan-started-to-provide-abarth-vehicle-as-ferrari-customers-cost-car20160503-4

日本には、このうち10台を導入、国内のフェラーリ・ジャパン正規ディーラーの該当プロジェクトに参加する店舗に随時納車し、各店舗にて代車として、フェラーリ・ジャパンのユーザーに提供される。

代車サービスとして、他社ブランドに車両を提供することはFCAジャパンとして初のプロジェクトであり、より多くの国内カーユーザーにFCAブランドの認知を浸透させていくことを目的としている。

fca-japan-started-to-provide-abarth-vehicle-as-ferrari-customers-cost-car20160503-1

この活動についてFCAジャパン社長のポンタス・ヘグストロムは「今回フェラーリにアバルトを選んで頂いたことは、アバルトの情熱とスポーツスピリットをフェラーリにも評価して頂いた結果と、光栄に思っています」とコメントしている。