FCA、ジープ・グランドチェロキーで限定車アルティテュードを発売


FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は6月29日、「Jeep® Grand Cherokee(ジープ・グランドチェロキー)」に限定車「Grand Cherokee Altitude(アルティテュード)」を設定・販売する。

同車は、エクステリア用の専用ブラックパーツの採用や装備充実を図ることで、スポーティさと上質感を高次元で両立させた限定車「Grand Cherokee Altitude(アルティテュード)」を新設定。これを7月7日(土)より全国のジープ正規ディーラーを通じて、135台限定で販売する構え。

グランドチェロキーは、2017年3月に実施した大規模なマイナーチェンジでフロントデザインを刷新した上で、安全装備を充実させた。

さらに2018年6月の仕様変更では、光度が向上したLEDデイタイム・ランニング・ライトや、Apple CarPlay®およびAndroid Autoに対応した最新世代の「Uconnect® システム」(インフォテインメントシステム)を採用するなどして、安全性や利便性が大幅に向上させていた。

今限定車は、このグランドチェロキーシリーズのエントリーモデルにあたる「ラレード」をベースに、エクステリアを演出するブラックアクセントパーツや、上級グレード「リミテッド」に設定されている装備を盛り込むことで、商品力を高めた。

エクステリアは、ボディ同色のフロント/リアバンパーをはじめ、ブラックグリル、ボディ同色サイドシル、グロスブラックアクセント入りのLEDテールランプなどのドレスアップパーツの採用。

インテリアについては、ブラックスエード/レザーコンビシート、シートヒーター(前席のみ)といった、通常ベース車には設定されていない装備により、快適でくつろげる室内空間に仕上げたと云う。

また本来コイルスプリングの採用となる足回りには、特別にエアサスペンションを搭載すると共に、グロスブラックカラーの20インチ大径アルミホイールを組み合わせることで、乗り心地を高めている。

このグランドチェロキー・アルティテュードは、装備充実を図ったうえで、ベース車に比べて110,000円高の5,100,000円の価格設定としている。

<車両概要>
【モデル名称】
Jeep® Grand Cherokee Altitude
(ジープ・グランドチェロキー・アルティテュード)

【販売台数】
限定135台

【ボディカラー】
ダイアモンドブラッククリスタルP/C(65台)
ブライトホワイトC/C(60台)
ヴェルヴェットレッドP/C(10台)

【特別装備】
ブラック スエード/レザーコンビシート
フロントシートヒーター
オートハイビームヘッドライトコントロール
ボディ同色フロント/リアバンパー(グロスブラックアクセント付)
グロスブラックアクセント付フロントフォグランプベゼル
ブラックグリル(シルバーハニカムメッシュインサート)
ピアノブラックベルトモール
ボディ同色サイドシル
ブラックJeep® バッジ/GRAND CHEROKEEバッジ
ブラックルーフモールディング
LEDテールランプ(グロスブラックアクセント入り)
ダークテールランプレンズ
20インチアルミホイール(グロスブラックカラー)
265/50R20オールシーズンタイヤ
クォドラリフト™エアサスペンション

【パワートレイン】
V型6気筒 DOHC
排気量:3,604 cc
最高出力:213kW(290ps)/6,400rpm(ECE)
最大トルク:347N・m(35.4kg・m)/4,000rpm(ECE)
トランスミッション:電子制御式8速オートマチック
駆動方式: 常時4輪駆動
ハンドル位置:右

【メーカー希望小売価格】
5,100,000円 [税抜4,722,222円]

製品サイト