FIAラリークロス第3戦・エクストローム2連勝、プジョーのセバスチャン・ローブ2位獲得


2016年・FIA世界ラリークロス選手権第3戦が、5月 14・15日にベルギーのメテで開催され、アウディS1に乗るマティアス・エクストロームが2連勝。チーム・プジョー・ハンセンのセバスチャン・ローブが、208 WRXを2位に導き、同チームにとって今季初となるポディウムフィニッシュを果たした。

fia-rallycross-round-3-extrusion-rohm-2-game-winning-streak-peugeot-of-sebastien-loeb-second-place-win20160517-4

ラリークロスは、ダートと舗装がミックスされた路面のサーキットを使用する。コースの距離は 1km ほどで、ジャンプスポットが入ることもある。ドライバーは、週末を通してノックアウト形式でレースを行い、ファイナルでは最も速い6人のみで争われる。

fia-rallycross-round-3-extrusion-rohm-2-game-winning-streak-peugeot-of-sebastien-loeb-second-place-win20160517-1

なおチーム・プジョー・ハンセンは、DTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)との併催形式で、独ホッケンハイムリンクで開催の第2戦でトラブルに遭遇して生彩を欠いたが、今3戦目で持ち前の強さを発揮している。

ローブは土曜日に行われた予選ヒートの 1 回目で、総合トップタイムをマークし、オールラウンダーとしての力量を発揮。

fia-rallycross-round-3-extrusion-rohm-2-game-winning-streak-peugeot-of-sebastien-loeb-second-place-win20160517-7

 

4回の予選を終えて総合3位につけたローブは、日曜日の午後に行われたセミファイナル、そしてファイナルでいずれも2位に入った。

首位は、ドイツ・ホッケンハイムでの第2戦に続き、エクストロームが強さを発揮。セミファイナル1では、ローブをおよそ2秒引き離してトップチェッカーを受け、ファイナルのポールポジションを獲得した。3位には、地元ベルギー出身のフランソワ・デュバルが入った。

fia-rallycross-round-3-extrusion-rohm-2-game-winning-streak-peugeot-of-sebastien-loeb-second-place-win20160517-5

なおセミファイナル2の方は、2年連続王者のペタ―・ソルベルグ(シトロエンDS3)が制覇し、ファイナルのフロントロウを獲得している。2位にはヨハン・クリストファーソン(フォルクスワーゲン・ポロ)、3位にはアントン・マークルンド(フォルクスワーゲン・ポロ)となった。

迎えたファイナルでは、ポールポジションのエクストロームが順位を維持したまま先行体制に入る。これに続く2番手は、最後尾からジャンプアップしたマークルンドが続き、3番手にソルベルグ、4番手にローブという並び。

fia-rallycross-round-3-extrusion-rohm-2-game-winning-streak-peugeot-of-sebastien-loeb-second-place-win20160517-3

2周目、トップのエクストロームは早くも単独走行に入る。対して2番手のマークルンドは、後半セクションでグラベルに入ってしまってロスタイムを重ねてしまう。

この隙を突いたのは百戦錬磨のローブ。以降2番手に浮上し、3番手にソルベルグがつける。

この間、エクストロームは、その後も38.5秒の安定ペースで走り続け、最終的には約2.5秒のマージンを築いてチェッカーフラッグを潜る。これでエクストロームは前戦に続き2連勝。ポイントランキングも5点差で首位に浮上した。

fia-rallycross-round-3-extrusion-rohm-2-game-winning-streak-peugeot-of-sebastien-loeb-second-place-win20160517-2

一方、チーム・プジョー・ハンセンも大量のポイントを獲得し、チーム選手権争いで2 位に6ポイント差の3位に浮上。ドライバーズ選手権ではローブが3位に4ポイント差の4 位となっている。

<コメント>
ケネス・ハンセン(チーム代表)
「全体としては、チームにとっていい週末となりました。セバスチャンは会心の走りを見せ、私たちの勝負強さを見せることができたと思います」

セバスチャン・ローブ(プジョー 208 WRX、総合 2 位)
「この週末は、かなりいい内容になりました。ラリークロスで初めてポディウムフィニッシュを飾ることができましたし、このイベントを通じて強さを発揮できました。フリープラクティスでは、このコースとマシンの相性の良さを感じました。

滑り出しはよく、殆どのことがうまく進みました。このベルギーではトップ争いをすることができたので、次のリッデンヒルでも、この流れを維持していかなくてはなりません」

fia-rallycross-round-3-extrusion-rohm-2-game-winning-streak-peugeot-of-sebastien-loeb-second-place-win20160517-6

■ FIA 世界ラリークロス選手権(WRX) 第 3 戦 メテ(ベルギー) レース結果
1 Mattias Ekström/EKS, Audi S1
2 Sebastien Loeb /Team Peugeot-Hansen, PEUGEOT 208 WRX
3 Petter Solberg /PS World RX Team, Citroën DS3
4 Anton Marklund /Volkswagen RX Sweden, Volkswagen Polo
5 Francois Duval /Ford Fiesta, Olsberg MSE

■ ドライバーズ・スタンディング 3/12 戦消化時点
1 Mattias Ekström /EKS, Audi S1 /78 points
2 Petter Solberg /PS World RX Team, Citroën DS3 /73 points
3 Johan Kristoffeon /Volkswagen RX Sweden, Volkswagen Polo /58 points
4 Sebastien Loeb /Team Peugeot-Hansen, PEUGEOT 208 WRX /54 points
5 Toomas Heikkinen EKS, Audi S1 /46 points

■ チーム・スタンディング 3/12 戦消化時点
1 EKS /124 points
2 Volkswagen RX Sweden /83 points
3 Team Peugeot Hansen /77 points