フォルクスワーゲン、オートサロン出展のカスタマイズパーツ詳報を発信。製品の取扱い開始は新春1月


Golf GTI / Golf R 対応チューニングパーツやエアロキット装着したカスタマイズコンセプトカーを東京オートサロン2017に展示

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社(本社:愛知県 豊橋市、代表取締役:ティル シェア、略称:VGJ)は、新たにフォルクスワーゲン車をチューニングするためのカスタマイズパーツの取扱いを、新春2017年1月より全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて開始する。

今回新たに取扱いを開始するのは、フォルクスワーゲンのスポーツモデルのアイコン的存在である、Golf GTI や Golf Rに対応するカスタマイズパーツで、スタビライザーセットやスプリングキットといった“チューニングパーツ”とフロントバンパーやサイドスポイラーといった“エアロキット”となる。

なお、これらGolf R 対応のカスタマイズパーツはエアロキットのみで開始。具体的な取扱い時期は、2017年1月13日を予定している。また今後は、順次取扱商品を拡大する予定としている。

また、先のニュースの通りで、これらのカスタマイズパーツは、来年1月に開催される東京オートサロンにて展示していく。

加えて同会場・フォルクスワーゲンブースに於いては、モータースポーツへの積極的な参戦により、高い開発技術力を磨いてきた日本の老舗チューナー「COX」のアイテムを装着したコンセプトカーも展示される。

併せてフォルクスワーゲン本社のアクセサリー部門がドイツの老舗チューナー「Oettinger」と共同開発したエアロパーツを装着したコンセプトカーも展示される。

フォルクスワーゲン グループ ジャパンでは、カスタマイズパーツの取扱いについて「フォルクスワーゲンの提唱する安心はそのままに、カスタマイズの面白さや楽しさを全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーにて提供することで、今まで以上にお客様の思いに寄り添ったサービスを展開していきます」と述べている。

<カスタマイズパーツ取扱い 概要>
対応車種:Golf GTI、Golf R
取扱開始日:2017 年 1 月より
取扱場所:全国のフォルクスワーゲン正規ディーラー
取扱商品リスト:

 

Weightymattersの関連記事(2016年12月23日掲載)
フォルクスワーゲン、「東京オートサロン2017」で“GOLF GTI”のコンセプトカーを出展