富士重工業、第42回 国際福祉機器展へ出展


富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之、以下スバル)は、10月7日~9日に東京ビッグサイトで開催される「第42回 国際福祉機器展 H.C.R.2015」(主催:全国社会福祉協議会 保険福祉広報協会)に、「LEVORG 1.6GT EyeSight ウイングシート リフトタイプ 運転補助装置付」と「LEGACY OUTBACK Limited ウイングシート リフトタイプ 運転補助装置付」を出展する。

本年も、出かける喜びを一人でも多くの対象者に届けるべく、ブーステーマを「出かけることが、好きになる。」とし、ウイングシート(リフトタイプ)と自走装置を装着した上記の2台を出展していく。

【主な企画について】
1.SUBARU FORESTER×廣道純氏 特別映像
プロ車いすランナーの廣道純氏が、自身の体験を踏まえた熱いメッセージや、FORESTER乗車体験映像、家族と過ごす休日を収録したオリジナル映像を放映する。

2.先進運転支援システム「アイサイト(ver.3)」視認体験
アイサイトは、スバル独自のステレオカメラを用いた先進運転支援システム。

本展では、自動車はもちろんのこと、歩行者や自転車も認識出来るアイサイトのシステムが、会場内にてステレオカメラで撮影した映像を画像処理し、物体を認識する様子を、専用モニターにて提案していく。

subaru.co.jp内、出展特設サイト

スバル福祉車両 紹介サイト