富士重工業、保有していたスズキ銘柄の投資有価証券を全売却

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

subaru-at-the-closing-press-conference-to-speak-and-it-is-possible-to-automatic-operation-of-the-highway-in-2020-20150509-10-min

富士重工業株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:吉永泰之)は8月9日に、同社が保有するスズキ株式会社(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:鈴木俊宏、以下スズキ)の普通株式を全て売却した。

1999年12月に同社とスズキは業務提携を発表しており、その友好的な関係の象徴として、両社それぞれが株式の持ち合いを行っていた。この際、富士重はスズキ株5,780,000株を取得し、現在に至っている。

しかし2015年11月に、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図るため、東京証券取引所の上場規則において適用が開始されたコーポレートガバナンス・コードの趣旨を尊重。

同社における「コーポレートガバナンスガイドライン」を制定した考え方に基づき、政策保有に関する方針を明確にしたことを踏まえ、スズキの株式を全て売却した。

なお、上記の投資有価証券の売却に伴う、平成29年3月期連結業績予想についての修正はないと云う。

subaru-in-april-2015-four-wheel-vehicle-production-sales-and-export-performance20150529-10-min-min

富士重工業グループでは、「引き続き、全てのステークホルダーから満足と信頼を得るべく、コーポレートガバナンスの強化を経営の最重要課題のひとつとして取り組んでまいります」と述べている。

【内容】
(1)銘柄 : スズキ株式会社 普通株式
(2)株数 : 5,780,000株(当社保有の全株式)
(3)取引約定日 : 平成28年8月9日