日本損害保険協会、「ジャパン・レジリエンス・アワード」で表彰

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

「ぼうさい探検隊」の取り組みで日本損害保険協会として初めての受賞

一般社団法人 日本損害保険協会(本部:東京都千代田区、会長:鈴木 久仁、以下・日本損害保険協会)は、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会が主催する「ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)2016」において、実践的な防災教育プログラムである「ぼうさい探検隊」の取り組みで「最優秀レジリエンス賞(教育・人づくり)」を受賞した。

general-insurance-association-of-japan-honored-at-japan-resilience-awards20160317-1

本アワードは、次世代に向けたレジリエンス社会構築のため、全国から“強くてしなやかな国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等”を実施している企業・団体を評価・表彰するもの。

当協会は、第2回目となる今年度の本アワードに初めてエントリーし、応募総数242件の中から最優秀レジリエンス賞(教育・人づくり)を受賞した。

3月15日(火)に丸ビルホールで行われた表彰式で、日本損害保険協会、「ジャパン・レジリエンス・アワード」で表彰の齊藤健一郎・生活サービス部長が、一般社団法人レジリエンスジャパン推進協議会の小林誠理事(立命館大学客員教授)から表彰状と楯を受け取った。

受賞にあたって日本損害保険協会は、「『ジャパン・レジリエンス・アワード』で表彰は、『ぼうさい探検隊』をはじめ、防災教育の取組みを一層促進し、引き続き地域防災力の向上に努めていきたいと考えています」と語っていた。