独・ボッシュ、日本の電動自転車用アシストユニット市場に参入


プレミアム電動アシスト自転車用ユニット『ボッシュ・イーバイクシステム』を第45回東京モーターショー2017で日本初出展

独・ボッシュこと、ロバート・ボッシュGmbH(本社:シュトゥットガルト・ゲーリンゲン、代表取締役社長:Dr.rer.nat.Volkmar Denner <フォルクマル・デナー>、以下、ボッシュ)は、プレミアム電動アシスト自転車用ユニット『Bosch eBike Systems(ボッシュ・イーバイクシステム)』で日本市場への参入を目指す。

具体的には電動アシスト自転車用ユニット『Bosch eBike Systems』シリーズの中から、日常利用を目的としたユニットとして「Active Line Plus」を搭載した輸入自転車ブランドを展開予定だと云う。

この「Active Line Plus」は、Drive Unit(モーター)、PowerPack 300(バッテリー)、Intuvia(ディスプレイ)、Charger(チャージャー)がセットになった電動アシスト自転車用システムである。

ちなみにボッシュでは、既にヨーロッパで約70もの自転車ブランドに『Bosch eBike Systems』の搭載を進めており、現在ではアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドとマーケットを拡大させてきている。

そうしたなかアジアパシフィック市場に向けてマーケットを拡大するため、日本市場に参入する。また、2017年10月に開催する第45回東京モーターショーにて、『Bosch eBike Systems』を搭載した自転車を日本国内で初めて出展する予定だと云う。

その日本市場は、電動自転車に関しては近年拡大の一途にあり、特に2011年の東日本大震災の際には交通網のマヒの影響で、電動自転車は移動手段の1つとして改めてその有用性が認識されてきた。

例えば震災後の2011年から2016年まで、電動自転車の販売台数は年平均約25%増加しており、今後も更なる拡大が期待されている。

これを踏まえ『Bosch eBike Systems』は、楽しくアクティブに自転車を利用する層をターゲットに、プレミアムセグメント向け電動アシスト自転車用ユニットのグローバルマーケットリーダーとして日本での市場を開拓していく。

その開拓計画は2017年10月以降に開始される。日本では同社のサービスパートナー Intertec Inc. と共に、今後『Bosch eBike Systems』を搭載した電動アシスト自転車を販売する店舗に、コールセンター、ワランティ対応、スペアパーツの供給および技術サポートなどの販売サポートを提供していく予定だ。

先の通り、2017年より日本市場への参入を果たす「Active Line Plus」は、既存の開発システムより、さらに静かでスムースなアシストを実現。これを通して快適な乗り心地を提供していく。そのユニット概要と機能については以下の通り。

Drive Unit(モーター):
ユーザーが快適に自転車に乗れるよう、Drive Unitは3軸センサーにより1秒間に1,000個もの動きを測定し、最適なスピード、及び電動アシストを実現。美しいデザインにもこだわっており、国際的なプロダクトデザイン賞のレッド・ドット・デザイン賞を2017年に受賞した。

PowerPack 300(バッテリー):
バッテリーは、容量300Wh、また軽量化と長寿命化を実現した。また、人間工学に基づいたデザインのため、充電時に簡単に取り外しができる。このバッテリーは、自転車の中心部に設置することを想定しており、自転車のバランスを崩すことなく快適に運転可能としている。

Intuvia(ディスプレイ):
Intuvia(イントゥーヴィア)には、スピード・距離・乗っている時間・距離残数が表示される。ディスプレイは明るい環境下でもハッキリと見ることができ、常にユーザーに最適なギアでの走行を知らせる。

また、操作用のリモコンをハンドルに搭載させることができるため、運転しながら簡単かつ安全にディスプレイに表示させる情報を操作することが可能。加えてリモコンは、Drive Unitに搭載された5つの運転モードに切り替えることもできる。

Charger(チャージャー):
チャージャーは軽量(約800g)、丈夫、かつ充電速度が速く約2.5時間で充電が完了する。

Bosch eBike Systems: 

YouTube: