独・ダイムラー、欧州地域のメルセデス・ベンツ車300万台以上を自主リコールへ


独・ダイムラーAG(本社:ドイツ・ヴュルテンベルク州・シュトゥットガルト、取締役会会長:ディーター・ツェッチェ、以下、ダイムラー)の経営委員会は、欧州中央時間の7月18日、ディーゼルエンジンの排出ガス改善ため、包括的な計画を社内承認したと発表した。

これはつまる所、先の12日に100万台超のメルセデス・ベンツ車で、違法な排ガス操作をしていた疑いがあると報じられたことを受けて、無償修理を行う自主リコールである。

こうして先手を打っていくことで、先にフォルクスワーゲンAGが被った様な、制裁金を含む損害やブランドの毀損といった多角的なマイナス方向の拡大の連鎖を、回避・食い止めるための措置であろうことが、見て取れる。

※日本時間の7月21日23時、独・ダイムラーAGは、ディーゼル車改善対象を日本国内へ拡大した。(詳細は本記事末尾の関連ニュースのリンク先を閲覧されたい)

なお実のところ同問題は、昨年末頃より当地では表面化していたことであり、既に先の4月には、同社経営陣の口から排出ガス調査に伴う損失の可能性が示唆されていた(後述過去記事参照)。

今回、同社取締役会・会長のディーター・ツェッチェ氏は、公式コメントを発表し、「世間のディーゼルエンジン車に関する開かれた討論により、我々の車両を保有しているユーザーの不安が醸成され、拡大している。

そこで我々は、これらディーゼル車両のユーザーに心から安心頂くべく、ディーゼル技術への信頼を強化する追加措置を決定した。

これにより我々のディーゼルエンジンに関わる排出ガスに対する不安を払拭して、信頼回復に努めたい。

また我々は、これまでもコンパクトクラス車のNox排出量の改善策を製品ユーザーに対して提供してきた。

結果これらの車両の約45%で、その改善策が効果を上げており、こうした自主的な取り組みは現在、Vクラスの車両ユーザーにも提供されている。これによりドイツ国内のメルセデスブランド車両の対策実施は約75%に達している。

そして今回、さらに他のモデルシリーズの排出ガスに関しても改善を一層促進していくため、これまでも自主的に進めてきたサービスプランを延長・拡大していく。

なおこの目的達成のため、我々のエンジニアは、今後市場投入される予定の新ディーゼルエンジン開発中に得られた最新鋭の知見を活用していく。

具体的にはヨーロッパ全域で、個々のユーロ5及びユーロ6車両に対して、どのような措置を行うべきかは、ドイツ規制当局との緊密な協力を踏まえて実行される。

我々は、これらの施策に対して約2億2千万ユーロ(約280億円)の資金を投資する。

また各車両に施す施策は顧客優先であり、投資コストについて制限を設けない。対策の実施は来週早々にも始められ、以降、全ての対象車を網羅していくため、この活動は長期間に亘るものとなるだろう。

加えてメルセデス・ベンツブランドでは、約30億ユーロを投資し、既に将来の欧州排出ガス規制を満たす新エンジンの開発を終え、市場投入も控えている。

今後は将来に向け、新Eクラスの4気筒エンジンの投入を筆頭に、順次モデル全域に向けて新エンジンの搭載を加速していく。

ダイムラーは今後も、窒素酸化物排出量の削減を目指してよりクリーンな燃焼エンジンの開発と電動車両のリリース等を通じて、都市に於ける大気の改善と、気候・環境保護に貢献し、今後も欧州に於いて重要な役割を果たしていく」と結んでいる。

Weightymattersの関連記事
独・ダイムラーAG、ディーゼル車改善対象を日本国内へ拡大(2017年7月21日掲載)

独・ダイムラーAG、ディーゼル車の排出ガス調査で罰則による不利益が生じる可能性を示唆(2017年4月28日掲載)

以下リリース原文
Stuttgart – The Daimler Board of Management has approved a comprehensive plan for diesel engines: “The public debate about diesel engines is creating uncertainty – especially for our customers. We have therefore decided on additional measures to reassure drivers of diesel cars and to strengthen confidence in diesel technology,” stated Dr. Dieter Zetsche, Chairman of the Board of Management of Daimler AG and Head of Mercedes-Benz Cars. “ We are convinced that diesel engines will continue to be a fixed element of the drive-system mix, not least due to their low CO2 emissions.”

The plan comprises a substantial expansion of the current service action for vehicles in customers’ hands as well as a rapid market launch of a completely new Diesel engine family.

Expansion of voluntary service action

Since March, Mercedes-Benz has offered its customers of compact-class cars an improvement in NOx emissions for one engine version. Approximately 45 percent of those cars have meanwhile been updated. A voluntary service action is also being carried out for V-Class customers – so far with approximately 75 percent of the vehicles in Germany.

In order to effectively improve the emissions of additional model series, Daimler has now decided to extend the service action to include over three million Mercedes-Benz vehicles. For this purpose, the company’s engineers are making use of latest knowledge gained during the development of the new family of diesel engines.

The measures to be taken for nearly all EU5 and EU6 vehicles in Europe will be carried out in close cooperation with the German regulatory authorities. The company is investing about 220 million euros. The service actions involve no costs for the customers. The implementation of the measures will be starting in the next weeks. Due to the large number of vehicles this will continue over a longer period of time.

In this way, Daimler is making a significant contribution to the reduction of nitrogen-oxide emissions from diesel vehicles in European inner cities.

Fast market launch of the new engine family

Mercedes-Benz has already proven that diesel engines can meet the stricter EU emission regulations to come in the future with a completely new engine family. With an investment of approximately three billion euros, the company has developed a new generation of engines whose exemplary emissions have been confirmed by measurements carried out by independent institutes. Following the market launch of the new four-cylinder OM 654 engine in the new E-Class in 2016, the launch of the modular engine family will now be implemented rapidly across the entire model portfolio.

Solutions for the mobility of the future

Daimler will continue to make a significant contribution to the improvement of air quality in cities and to climate protection with the systematic electrification of its vehicles, with mobility services such as moovel and car2go, and with increasingly clean combustion engines. Diesel engines will continue to play an important role for a long time yet due to their significantly higher efficiency than gasoline engines.