GMジャパン、「シボレー コルベットZ06」とコンバーチブルを発表


ゼネラルモーターズ・ジャパン株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:石井 澄人、以下、GMジャパン)は、2015年ル・マン24時間耐久レース(GTE Proカテゴリー)で8度目の優勝を飾ったシボレー コルベット C7.Rと同時開発された「シボレー コルベット Z06(ズィー・オー・シックス)」とコンバーチブル・モデル「シボレー コルベット Z06 コンバーチブル」の改良モデルを発表した。

gm-japan-announced-a-convertible-as-chevrolet-corvette-z0620151023-1

シボレー コルベット Z06
同車には、新たに開発されたスーパーチャージャー、直噴技術、アクティブ・フューエル・マネジメント(気筒休止)、可変バルブタイミングシステムなど最先端テクノロジーを搭載した第5世代の6.2リッターV8エンジンが搭載され、最高出力485kW(659PS)、最大トルク881N・m(89.8kg・m)と史上最強のコルベットとなっている。

ドライブトレインは、GMが開発したハイドラ・マチック8L90型パドルシフト付き8速オートマチック・トランスミッションを採用。これまでのデュアル・クラッチ・トランスミッションをも凌ぐシフト・レスポンスを実現することに成功した。

gm-japan-announced-a-convertible-as-chevrolet-corvette-z0620151023-2

MyLink統合制御ナビゲーションシステムとシボレー初Apple CarPlay対応
インフォテイメントシステムも改良され、VICS 3メディア対応大容量(16GB)SDナビゲーション、地上デジタルTV内蔵の見易く使い易いMyLink統合制御ナビゲーションシステムを、標準搭載している。

さらに今回より、シボレー初となるApple CarPlay対応とした。Apple CarPlay使用時は、Siri音声コマンドによる安全な操作が可能となり、運転に集中したまま、電話、ミュージック、メッセージ等のiPhone機能とオーディオブック、Podcastといったその他のiPhoneアプリケーションの操作をこなすことが可能になっている。

gm-japan-announced-a-convertible-as-chevrolet-corvette-z0620151023-4

ゼネラルモーターズ(GM)のCEOであるメアリー・バーラ氏は、「私たちにとって、スマートフォンは生活に欠かせないものとなっています。

私たちは、最新技術のリーダーであり続けるために、アップル社やグーグル社と連携し、スマートフォンとの互換性が高いApple CarPlayやAndroid Autoを私たちの幅広いモデルに導入していきます。

これからも、生活に必要とする最先端のテクノロジーの恩恵をより多くのお客様により早く提供していきます」と述べている。

機能性重視のインテリア
一方、インテリア面では、スウェーデッドマイクロファイバーラップドフラットボトムステアリング、クローム製のスタート/ストップボタンを標準装備とした。

シボレーコルベットのインフォテイメント機能の一部であるMyLinkに於いては、モジュールがアップグレードされたことで処理スピードが向上。新たに標準装備となったフロントカーブビューパーキングカメラの映像が、MyLink画面上に3分割で表示されるようになっている。

これによって駐車時に縁石や障害物と、フロントスプリッターの接触を防ぎ易くした。その他にもリアハッチ/トランク オートクロージャーも追加され、日常の使い勝手も向上した。

「Z07パフォーマンス・パッケージ」(サーキット走行のためのオプションパッケージ)
シボレー コルベットZ06のパフォーマンス性能を、さらに高めたいユーザーに向けて、Z07パフォーマンス・パッケージも用意されている。

同パッケージ車は、ブレンボ製のカーボンセラミックブレーキと、ミシュランパイロットスポーツCup2タイヤが選択できる。

gm-japan-announced-a-convertible-as-chevrolet-corvette-z0620151023-3

さらにエアロダイナミクス装備として、ヴィジブルカーボンファイバー製グランドエフェクト(専用フロントスプリッター/コーナー、専用調整式クリアリアスポイラー(ヴィッカービル))がセット装着される。

なお、Z07パッケージには、新たにパフォーマンスデータレコーダーもセットオプションとなり、パフォーマンスデータレコーダーのアイコンがMyLinkの画面上に追加され、データレコーダーへのアクセスが可能となる。これにより、ドライバーの走行データの分析が可能となっている。

【シボレー コルベット Z06の主な特徴】

「デザイン」
「シボレー コルベット Z06」は、より高いパワー、ブレーキ性能、グリップ力、クーリング性能、ダウンフォースなどのパフォーマンス・ニーズを満たすため、以下の機能にフォーカスした。

  • 迫力のあるフロントマスクは、効率的な冷却性能を提供し、グリルデザインは、実際に空気の流れを増加させ、専用フロントブレーキの冷却効率を高めた。
  • 盛り上がったエンジンフードと、より大きくなったフードベントによって冷却性能の向上とリフトが低減されている。
  • カーボンファイバー製フロント&サイドエアロパーツ。
  • コルベット史上最もワイドなボディが実現(フロント全幅で56mm、リアで全幅80mm)した。
  • 空気力学的効果と乗降性向上をもたらすロッカースプリッターを装着した。
  • GMが量産化しテストの中で、最も大きなダウンフォースを生み出したデザイン(Z07パフォーマンス・パッケージ付車両)を採用した。
  • 力強いデザインのサイドエアベントは、エンジンルーム内の空気をより効果的に排出する。
  • 2エンドプレートデザインのフロントスプリッター。
  • Z07パッケージに含まれるスリーピースのリアスポイラーは、量産車初となる高さ調整可能な構造としている。
  • 大型リアフェイシャベント(クーリングフローを改善)。

「パフォーマンス」
Z06は、レースの経験を基に開発され、2015年ル・マン24時間耐久レースのGTE Proカテゴリーで8度目の優勝を飾り、競合のスーパースポーツカーのマクラーレン650Sやフェラーリ458スペチアレ級のパワーとパフォーマンスを発揮するアメリカを代表するスーパースポーツカーとして仕上げた。

  • 先端技術の粋を集めた第5世代「LT4型6.2リッターのスモールブロックV8エンジン」。
    ・先進の燃焼システムを支えるダイレクト・インジェクション、アクティブ・フューエル・マネジメント、可変バルブタイミングシステムなど最先端テクノロジーを搭載。
    ・遠心鋳造法によって製造されたアルミ製ヘッド。
    ・チタン製吸気バルブ、往復質量軽減の為機械加工されたコネクティングロッド。
    ・10.0:1の高圧縮比。
    ・アルミ製鍛造ピストン。
    ・ステンレス製エキゾーストヘッダー。
    ・ドライサンプオイルシステム。
  • 高効率・小型スーパーチャージャー搭載。
    ・瞬時にブースト圧を上げ、より速く回転させるために、より小さく短くなったローター。
    ・より効率的な排出が熱を減少させ、エンジンの中への空気の流れを増加。
    ・LT1エンジンよりも、わずか1インチ(2.54cm)エンジンの高さが高いだけで、659PS、881N・mのビックパワーとトルクを発生。
  • トランスミッションは、アクティブレブマッチング機能付7速マニュアルとパドルシフト/リモートスタート機能付8速オートマチックの2つを設定。
    ・新たに採用された8速オートマチック・トランスミッションは、GMが設計し生産するもので、Z06用では専用にチューニングを施している。
    ・パフォーマンス・アルゴリズムは、自動的にパフォーマンス走行を認識し、変速レスポンスを変更。
    ・トランスミッションパフォーマンスは、さらにドライバーモードセレクタのモードに応じて調整。
    ・6速オートマチックに対し、燃費を5%改善。
    ・6速オートマチックと同サイズながら、アルミとマグネシウム素材の採用により、4kg以上の軽量化を達成。

「テクノロジー」

  • オープンルーフフレーム構造は、先代のZ06(クローズドルーフ)よりも高い剛性値を記録した。
    ・ルーフ付状態で60%剛性アップ、ルーフ無し状態で20%剛性アップ。
  • 軽量素材カーボンファイバーの多用化。
    ・エンジンフードとルーフパネルにカーボンファイバーを採用
    ・カーボンファイバー製エアロキット(オプション)。
    ・業界で唯一のカーボンファイバー製トルクチューブ採用。
  • よりダイレクトで、一体感のあるドライビング感覚。
    ・快適性とコントロール性を向上させたマグネティック・ライドコントロール。
    ・最適なトラクション能力を発揮するeLSD(電子制御リミテッド・スリップ・デフ)。

8L90型パドルシフト付き8速オートマチック・トランスミッション
GMが開発したハイドラ・マチック8L90型パドルシフト付き8速オートマチック・トランスミッションを採用し、デュアル・クラッチ・トランスミッションを凌ぐシフト・レスポンスを実現している。

実際、「シボレー コルベット」の29mpg(12.3km/l)という米国EPA燃費(ハイウェイ)は、従来の6速ATの従来型に比べて3.5%向上した。

新型ATトランスミッションは、優れたパフォーマンスと燃費効率を備えており軽量。このトランスミッションの開発において、GMは24件以上の特許を取得している。

4組のギアセットと5個のクラッチ(そのうち2個はブレーキクラッチ、3個は回転式クラッチ)から成る簡潔な構造と独創的なパッケージングにより、この8速ATは、従来の6速ATと同じスペースに収められ、アルミニウムとマグネシウム合金を多用したことで6速ATに比べ、4kg以上の軽量化を実現した。

なお、この8L90オートマチック・トランスミッションは、米国オハイオ州トレドのGMトランスミッション工場で製造されている。

<主要諸元>
○寸法・重量
●全長:4,515mm(コンバーチブル:4,510mm)
●全幅:1,970mm
●全高:1,230mm
●ホイールベース:2,710mm
●乗車定員:2名

○エンジン
●エンジン形式:LT4 6.2リッターV型8気筒OHVスーパーチャージャー付
●排気量:6,153cc
●最高出力:485kW(659PS)/6,400rpm
●最大トルク:881N・m(89.8kg・m)/3,600rpm

○走行・動力伝達装置
●トランスミッション:7速MT、8速AT(コンバーチブル:8速AT)
●サスペンション形式(前/後):ダブルウィッシュボーン式
●ブレーキ(前後):ベンチレーテッドディスク

<メーカー希望小売価格(8%消費税込み価格)>
・シボレー コルベット Z06(クーペタイプ、7速MT):14,250,000円
・シボレー コルベット Z06(クーペタイプ、8速AT):14,420,000円
・シボレー コルベット Z06(コンバーチブルタイプ、8速AT):15,020,000円

<オプション>
・有償ペイント:129,000円
・Z07パフォーマンス・パッケージ+パフォーマンスデータレコーダー(セットオプション):1,350,000円
・カーボンセラミックブレーキ
・ミシュランパイロットスポーツCup2タイヤ
・Z07サスペンション
・専用チューニングマグネティックライドコントロール
・パフォーマンストラクションマネジメント
・Level3エアロダイナミクス(ヴィジブルカーボンファイバー製グランドエフェクト)装備
・専用フロントスプリッター&コーナー
・専用調整式クリアリアスポイラー(ヴィッカービル)
・※標準モデルには、Level 2 エアロダイナミクス(ヴィジブルカーボンファイバー製グランドエフェクト)が標準装備

<サービス・プログラム>
・Chevrolet Maintenance Care Program「シボレー・メンテナンスケア付帯プログラム」
新車登録日から3年間または走行距離6万キロまで、メーカー指定点検整備とメンテナンスをパッケージしたプログラム。リーズナブルなパッケージ料金で、2回の法令12ヶ月点検(除く車検)をはじめ、定期交換部品や消耗品の交換が可能。本サービスは、全国の正規ディーラーにおいて、専門のメカニックによって行い、純正部品のみを使用。

・Chevrolet Warranty Plus Program「シボレー新車保証延長プログラム」
新車登録日から3年間または走行距離6万キロまでの一般保証を希望に応じて、有償にて、4年目または5年目まで延長できるプログラム。

車両詳細情報 
シボレーWebサイト  



Наш нужный веб сайт про направление .