ガリバー恒例の「初売りセール」 2016年1月1日より順次開催


gulliver-is-looking-for-proposals-and-implementation-of-new-ideas-of-automobile-business-in-the-total-10-billion-yen20150709-1-min

株式会社ガリバーインターナショナル(本社:東京都千代田区、代表取締役会長:羽鳥兼市、以下:ガリバー)は、2016年1月1日(金)〜1月11日(月)までの期間、恒例の「初売りセール」を開催する。

ガリバーは全国におよそ480店舗を展開し、国産車から輸入車まで年間約20万台の買取を実施している。

なかでも1月は年間の中でも一番クルマが揃う月であるため、自動車マーケットでも1月〜3月は繁忙期と言われており、需要が最も高まる前にガリバーのスケールメリットを活かし、様々な種類のキャンペーンを行っていく。

具体的には各販売チャネルで、独自の初売りを開催。恒例の選べる「福袋」や特選車両、初売り限定車両など、顧客ニーズに合わせて用意した。各店舗、各チャネルで特典内容が異なるため、詳細は各店ブランドのウェブサイト確認されたい。

  • 緑の看板「ガリバー」⇒
  • 軽自動車専門店「ガリバーミニクル」⇒
  • ファミリーカー専門店「スナップハウス」⇒
  • 輸入車専門店「LIBERALA(リベラーラ)」⇒
  • 赤い看板「ガリバーアウトレット」⇒
  • クルマ選びのはじまり「WOW!TOWN(ワオタウン)」⇒