エイチアイのHMI開発ツールキットが、パナソニックの車載ディスプレイオーディオ開発に採用される


HMI開発ツールキット「exbeans(R) UI Conductor」が、パナソニックの車載ディスプレイオーディオ開発へ

株式会社エイチアイ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:青山 智信、以下、エイチアイ)のHMI(Human Machine Interface)開発ツールキット「exbeans(R) UI Conductor(エックスビーンズ UIコンダクター、以下、UI Conductor)」が、この度、パナソニックのOEM向けディスプレイオーディオの開発に採用された。

UI Conductorは、HMIの開発における多様なニーズに応え、先行デザイン・先行開発から量産開発まで幅広く活用できるHMI開発ソリューションだと云う。

またUI Conductorは、扱いやすく、画面レイアウト、アニメーション、インタラクションをはじめ、画面遷移、多言語対応、プレビュー、ドキュメント出力、3DCGなどの豊富な基本機能に加え、HMI自動チェック機能やオブジェクトの共通利用機能、強力なプラグインアーキテクチャによる車両システムや操作デバイスとの結合など、高い生産性、連携性、拡張性を可能にしている。

加えてランタイムに関しては、様々な環境に対応しており、ターゲット環境に実装搭載することで、オーサリングツールで作成したHMIコンテンツを確かな性能で再生をすることができる。

hi-hmi-development-toolkit-is-employed-to-panasonic-in-vehicle-display-audio-development20161013-1

エイチアイについて< >
エイチアイは、『デザイン&テクノロジー』をキーワードに、ソフトウェア開発だけでなく、UI/UXのデザイン・企画・コンサルティングをはじめ、HMI開発環境の開発・ライセンス販売・サポートに重点を置き、より質の高いデザインの表現を可能にするためのGUI開発環境や様々な製品提供を行っている。

意匠デザインやHMIアプリケーション開発までの開発プロセス支援とソフトウェア品質向上支援により、他社との差別化を目指している。

動作環境・製品構成など