日野自動車、「プロフィア」トラクターシリーズを刷新

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

トラクターシリーズを排ガス規制に適合。渋滞追従機能付き「スキャニングクルーズⅢ」を一部車型に標準装備

日野自動車株式会社 (本社:東京都日野市、社長:下義生)は大型トラック「日野プロフィア」のトラクターシリーズをモデルチェンジ。本年9月より適用される「平成28年排出ガス規制」に適合させ、7月10日に発売する。

新型「日野プロフィア」トラクターは、昨年5月に発売した新型「日野プロフィア」同様に、エクステリアデザインとインテリアデザインを一新。トラックとしての基本性能を大幅にアップさせ、安全性能の大幅進化を実現した。

具体的には、PCS(衝突被害軽減ブレーキ)は機能を向上させ、停止車両や歩行者も検知して衝突回避を支援することが可能とし、さらに常時ハイビームを使用可能で夜間の視認性を向上させる「可変配光型LEDヘッドランプ」を標準装備。

トラクター専用機能として「作業用トレーラブレーキ」を新たに追加した。またICTサービス用の通信端末を搭載しており、今年4月より提供を開始した新サービス「HINO CONNECT」にも対応させている。

加えて各種顧客向け通知機能やウェブ閲覧機能を備えており、万一のトラブル発生時の迅速な対応につなげ、省燃費運転サポート機能も強化した。

さらにトラクターのモデルチェンジに合わせて、従来のクルーズコントロール機能に渋滞追従機を追加した「スキャニングクルーズⅢ」を新たに設定。この「スキャニングクルーズⅢ」はトラクターを含む「日野プロフィア」一部車型に標準装備し、ドライバーの運転負荷軽減に貢献するものだとしている。

新たな安全装備
スキャニングクルーズⅢ
従来のクルーズコントロール機能「スキャニングクルーズⅡ」に、渋滞追従機能を追加。ミリ波レーダーで先行車を検出し、車間距離維持に加え、先行車が停止した場合には追従して停車。ステアリングに設置されたスイッチもしくはアクセルの操作により再発進。高速道路走行時の運転負荷軽減に貢献する。
※トラクターは410PS以上のPro Shift12搭載車に標準装備
※日野プロフィア(トラクター以外)は、380PS以上のPro Shift12搭載車に標準装備(電動冷凍車は 除く)

作業用トレーラブレーキ
車両停車中にスイッチを押し続けている間、トレーラブレーキが作動。連結のロック確認などトレーラー連結の作業時に使用できる。また作動時はブザーおよびマルチインフォメーションに表示をすることで、安全な操作を支援する。

東京地区希望小売価格(代表車型)(単位:円・消費税抜き)
車名:日野プロフィア2PG-SH1EDGG
仕様:ハイルーフキャブリヤエアサス
スキャニングクルーズⅢ標準装備
エンジン:E13C<ET-XX>331kW(450PS)
トランスミッション:Pro Shift12(プロシフト12)
価格:19,337,400(17,905,000)

車名:日野プロフィア2DG-SS1EKHA
仕様:ハイルーフキャブリーフサス
スキャニングクルーズⅡ標準装備
エンジン:E13C<ET-XXⅡ>382kW(520PS)
トランスミッション:Pro Shift16(プロシフト16)
価格:22,509,360(20,842,000)