日立オートモティブのリチウムイオン電池モジュール、スズキ・スイフトに採用

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

日立オートモティブシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区大手町、本店:茨城県ひたちなか市、社長執行役員&CEO:関 秀明)のリチウムイオン電池モジュールが、先の7月12日に発売されたスズキのハイブリッド車「スイフト」に採用された。

今回採用されたリチウムイオン電池モジュールは、これまでの採用実績で培った高性能・高信頼な電池セルと、電池セルの電圧を検知する電圧検出基板を1つの筐体にまとめることにより、35%(当社従来製品比)の軽量化と、37%(当社従来製品比)の高さの低減を実現している。

日立オートモティブシステムズは、1999年に世界に先駆けて車載用リチウムイオン電池事業を開始して以来、数多くのリチウムイオン電池を納入してきた。

リチウムイオン電池の製造は、グループ会社である日立ビークルエナジー株式会社が、長年培ってきた量産・品質管理などのノウハウを生かしている。

スズキ車への直近の搭載では、2016年11月に発売された新型「ソリオ/ソリオバンディット」に続き、今回の新型「スイフト HYBRID SG」、「スイフト HYBRID SL」採用となった。