日立金属、「ネオジム磁石」と「フェライト磁石」の生産ラインを導入

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

hitachi-metals-against-the-rare-earth-sintered-magnet-patent-part-invalid-judgment-of-the-claim-by-the-united-states-patent-and-trademark-office20160313-2

日立金属株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 執行役社長:髙橋秀明、以下、日立金属)は、磁性材料カンパニーに於いて、ハイブリッド自動車、電気自動車の駆動モータや各種電装モータの旺盛な需要に応えるため、熊谷磁材工場にネオジム磁石とフェライト磁石の革新的生産ラインを導入する。なお導入時期は、2018年度内の設備稼働を予定している。

hitachi-metals-introduced-the-production-line-of-neodymium-magnet-and-ferrite-magnet20161016-1

1.投資の目的
近年、環境意識の高まりを背景として、自動車関連市場をはじめ、産業インフラ関連市場やエレクトロニクス関連市場などにおいて、モータの小型・軽量化や高効率化の要求が強くなっている。

同社の磁性材料カンパニーでは、世界最高レベルの磁力を有するネオジム磁石「NEOMAX®」やフェライト磁石「NMF®」を幅広く市場に供給、モータの小型化などを通じて環境性能の向上に貢献してきたが、今後も産業界に於いて環境性能に対する要求が高まっていくと想定、これに貢献するネオジム磁石やフェライト磁石の需要が拡大すると見込んでいる。

こうした需要の高まりに応えるため、同社は生産体制の強化を進めていく。

具体的には、熊谷磁材工場に新建屋を建設し、ネオジム磁石及びフェライト磁石の革新的生産ラインを導入する。

新たに導入する革新的生産ラインは、新しい生産技術やIoTの採用によって、高い生産効率を実現し、高まる市場のニーズに応えていくとしている。

同時に、山崎地区(大阪府三島郡)にある磁性材料研究所を熊谷地区へ移転することで、工場と一体となって顧客ニーズをとらえた技術開発を加速していく。

これらの施策により熊谷磁材工場を、ネオジム磁石事業およびフェライト磁石事業の統括機能を集約したマザー工場と位置付ける。

加えて、磁性材料カンパニーの情報部品事業も熊谷工場へ集約。生産拠点の集約を進めることにより、モノづくり体制を革新し、海外を含めた生産拠点へ新しい生産技術を展開するスピードを上げていくことで、事業の拡大を目指すとしている。

2.投資の概要
(1)導入拠点
熊谷磁材工場(埼玉県熊谷市)
(2)投資金額
約180 億円
(3)稼働時期
2018 年度内

以 上