ホンダ、新型CIVICをオンラインで先行公開


本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)は、同社が7月下旬に発表を予定している新型「CIVIC(シビック)」シリーズの3モデル、「シビック ハッチバック」、「シビック セダン」、「シビック TYPE R(タイプアール)」に関する情報を、自社Webページで先行公開した。

新型シビック スペシャルページでは、3モデルのカラーラインアップや主要装備のほか、全国の展示イベントや試乗イベントなど、新型シビックシリーズに関する情報を公開している。

スペシャルページのアドレスは以下の通り。
 

シビックは、1972年の発売以来、世界で累計約2,400万台を販売しているグローバルモデル。新型シビックは、2016年には北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。

10代目となる新型シビックシリーズは、新開発のプラットフォームを核に、機能美を追求したロー&ワイドな先進フォルムを採用。

さらに、力強くスムーズな加速と高い環境性能を両立した直噴VTEC TURBOエンジンを搭載し、あらゆる走行シーンにおいて操る喜びの提供を目指している。