ホンダ、5月18-20日開催の「第20回・国際福祉健康産業展(ウェルフェア2017)」に出展

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)は、5月18日(木)から5月20日(土)までポートメッセなごやで開催される総合福祉展「ウェルフェア2017」(主催:名古屋国際見本市委員会)に出展する。

なお出展にあたって「Fun for Everyone. Honda〜移動の喜びを一人ひとりに〜」をテーマに、「FREED+(フリード プラス)」の車いす仕様車をはじめとするさまざまな福祉車両や、「Honda歩行アシスト」などの福祉機器を出展していく。

具体的な出展内容で車両では、まずフリード+ 車いす仕様車は、広い室内空間を活かし、車いす利用者も含めて最大6名の乗車を可能したユーティリティをベースに、「いつでも」、「どこでも」、「だれでも」用途に応じて思い通りに使えるコンパクトミニバン「FREED(フリード)」シリーズならではの使い勝手の良さを訴求していく。

また「STEP WGN(ステップ ワゴン)」の車いす仕様車は、左右独立して床下格納できる「マジックシート」の採用で、3列目の乗員も左右の視界が遮られることなく車内から外の眺めが楽しめるようにした。

そのほかに、2016年度の軽四輪車新車販売台数第1位を獲得した「N-BOX(エヌボックス)」シリーズから、「N-BOX +(エヌボックス プラス)」の車いす仕様車や、「N-WGN(エヌ ワゴン)」の助手席回転シート車など、豊富なラインアップの福祉車両を展示する。

加えて加齢や疾病などにより歩行能力が低下した方のリハビリ補助を目的とした機器Honda歩行アシスト。

障がいを持つ方の自動車運転再開に向けた能力評価サポートなどを目的として、全国の病院などで活用されている簡易型四輪ドライビングシミュレーター「Honda セーフティナビ」を体験できるコーナーも設けていく。

■主な出展車両/機器は下記の通り

介護車/運転補助装置
○フリード+ 車いす仕様車
○フリード Honda純正アクセサリー装着車
○ステップ ワゴン 車いす仕様車(2・3列目乗車タイプ)
○N-WGN 助手席回転シート車
○N-BOX + 車いす仕様車、(株)ミクニ ライフ&オート製「手動運転補助装置」装着
○N-BOX + 車いす仕様車、(株)フジオート製「手動運転補助装置」装着
○N-BOX + カスタム 車いす仕様車、(株)モリトー製「介護リフト」装着

電動カート
○モンパル ML200

その他
○Honda歩行アシスト
○簡易型四輪ドライビングシミュレーター「Honda セーフティナビ」
○運転補助装置モジュール
○八千代工業(株)製 陸上競技用車いす

第20回 国際福祉健康産業展〜ウェルフェア2017〜開催概要
・開催日時 : 2017年5月18日(木)〜20日(土) 10:00〜17:00 入場無料・事前登録制
・開催場所 : ポートメッセなごや(Hondaブースは第3展示館 G2)
愛知県名古屋市港区金城ふ頭2丁目2番地
・主催 : 名古屋国際見本市委員会
・公式ホームページURL:http://www.nagoya-trade-expo.jp/welfare/index.html