ホンダ、東京都・千代田区合同帰宅困難者対策訓練に参加

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

honda-applicable-ashido-driving-assistance-device-honda-·-franz-system-to-fit-hybrid20160116-2

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)が、2月8日に東京都・千代田区合同で実施される「平成27年度 東京都・千代田区合同帰宅困難者対策訓練」(※1会場:東京駅、飯田橋駅、四ツ谷駅、秋葉原駅など各駅周辺)に参加し、電気自動車と外部給電器による災害時を想定した電力供給の実演を行う。

同訓練では、電気自動車「Fit EV」と、外部給電器「Power Exporter 9000」を活用。

Fit EVからPower Exporter 9000を介して電力供給を行うことで、ホンダが提案するエネルギーを「つくる・つかう・つながる」技術のうち「つながる」技術が災害時の安全・安心の確保に役立つ実例を紹介していく。

具体的には、皇居前の行幸通りの東京駅・有楽町駅周辺地区に置かれた帰宅困難者対策地域協力会設置の「情報機動ステーション」で、通信・情報提供機器への給電。

日比谷公園で実施する普及啓発イベントでは、暖房・調理器具へそれぞれ電力供給の実証を行っていく。

これは、災害発生時にインフラ断絶や停電により電力が不足した際に、「走る電源」として当該エリア内の事業者やユーザーが保有する電動車両から電力を供給することを想定した実演となる。

また、日比谷公園会場では、他社製の電動車両との接続互換性※2を備えたPower Exporter 9000と、参加各社の一部の電動車両との接続デモンストレーションも行う予定。

※1首都直下地震により、千代田区内の駅周辺に多数の帰宅困難者が発生したとの想定で、駅、商業施設、公共施設管理者などが連携し、混乱の防止や安全確保に努める訓練。

※2電動車両用電力供給システム協議会(EVPOSSA)が定めたV2Lガイドライン2.1版に準拠している車両が対象。

平成27年度 東京都・千代田区合同帰宅困難者対策訓練 実施概要
実施日程: 2016年2月8日(月) 9:00〜13:00頃
訓練会場: 東京駅、飯田橋駅、四ツ谷駅、秋葉原駅など各駅周辺
(Honda実演予定時刻:行幸通り会場 9:30〜11:00 日比谷公園会場 10:45〜13:00)
主催: 東京都・千代田区(東京駅・有楽町駅周辺、富士見・飯田橋駅周辺、四ツ谷駅周辺、秋葉原駅周辺の4地区帰宅困難者対策地域協力会)