Honda Project 2&4 powered by RC213V、独モーターショーで世界初公開

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッド(本社:バークシャー州ブラックネル 社長:神子柴 寿昭)は、ドイツで開催されるフランクフルトモーターショー(プレスデー:2015年9月15日〜16日、一般公開日:9月19日〜27日)にて、コンセプトモデル「Honda Project 2&4 powered by RC213V(ホンダプロジェクト2&4パワードバイRC213V、以下Honda Project 2&4)」を世界初公開する。

honda-project-2-4-powered-by-rc213v-the-worlds-first-published-in-the-german-motor-show20150909-5

Honda Project 2&4は、世界にあるHondaの二輪車・四輪車のデザインスタジオから80名以上のデザイナーが参加して行われた社内コンペティション「グローバルデザインプロジェクト」で選ばれたコンセプトモデル。

honda-project-2-4-powered-by-rc213v-the-worlds-first-published-in-the-german-motor-show20150909-4

1960年代のフォーミュラ・ワン世界選手権(F1)に参戦していたマシンをモチーフにしたデザインで、ミッドシップエンジンレイアウトを持つ四輪車でありながら、二輪車のようなフレームとボディーカウルによって構成されるボディー構造や、むき出しのフローティングシートにより全身でオープンエアーを体感できる運転席など、二輪車の開放感と四輪車の運動性能を兼ね備えている。

honda-project-2-4-powered-by-rc213v-the-worlds-first-published-in-the-german-motor-show20150909-3

エンジンは、FIMロードレース世界選手権(MotoGP)のMotoGPクラスに参戦している競技専用車「RC213V」の公道仕様車「RC213V-S」に搭載されている999ccV型4気筒エンジンを採用。

honda-project-2-4-powered-by-rc213v-the-worlds-first-published-in-the-german-motor-show20150909-2

1万3,000回転で215馬力の最高出力を発揮する二輪車ならではの高回転エンジンに、専用開発の6速DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を組み合わせた。

honda-project-2-4-powered-by-rc213v-the-worlds-first-published-in-the-german-motor-show20150909-1

この「Honda Project 2&4 powered by RC213V」出展にあたり、ホンダでは創業以来、ものづくりに対する情熱と信念を持ち続けており、今後も独創的なアイデアにあふれたコンセプトカーを提案していくと述べている。