ホンダ、インドの二輪車製造規模が自社世界最大に。年間640万台生産へ

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

インド・カルナタカ州ナルサプーラの二輪車工場に第四ライン増設。8月2日に生産能力拡大記念式典を開催

本田技研工業株式会社(本社:東京都港区、社長:八郷隆弘、以下、ホンダ)傘下で二輪車生産・販売のインド法人の「ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッド(以下、HMSI)」は、二輪車の生産体制増強の記念式典を実施した。

具体的には日本時間の8月2日、インド国内で第三工場を置くカルナタカ州ナルサプーラにある生産拠点に於いて、第四をライン増設。これに伴う生産能力拡大の記念式典を行った。

式典には、アジア・大洋州本部長の青山真二氏(あおやま しんじ)やHMSI社長の加藤稔氏(かとう みのる)らが参列した。

この「ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッド」こと「HMSI」が、予てより稼働させていた第三工場は、2013年6月に年間180万台体制で始動。

これが今回の第四ライン増設によって生産能力が年間60万台分拡大され、年間240万台となる。

これにより、同社のインド国内の二輪車年間総生産能力は、すべての同国内生産拠点を足し合わせて640万台へと拡大。ホンダ内の生産拠点としては、世界最大の二輪完成車組立拠点に躍り出ることになる。

なお、第四ラインの増設により、第三工場への累計投資額は、260億ルピー(約449億円・記事掲載時の為替換算)、同工場の従業員数は約7,000名となった。

第三工場は、「喜びを次世代へ」のコンセプトに基づいたグリーンファクトリーとして、水の年間使用量全てを雨水収穫システムによりまかなうなど、先進の環境技術を導入している。

また増設した第四ラインでは、塗装工程において従来は手動で制御していたエアの供給量を自動に制御する塗装ブース自動エアバランシングシステムを、自社の二輪車の生産工程で初採用した。

さらに、溶接、塗装、部品搬送工程に、新たに14台のロボットを導入し、手動から自動化することで、安全性や生産性の向上はもとより、作業者の負荷を軽減していると云う。

式典に於いてホンダ執行役員 アジア・大洋州本部長 青山真二氏は、「世界120ヵ国におよぶHondaの二輪事業の中で、インドの2016年度二輪車販売台数は、最大を記録し、Hondaの二輪事業に大きく貢献しています。

成長するインドの二輪市場は、Hondaにとって最重要市場であり、今後も引き続きお客様の多様なニーズに応えていくために、第三工場であるナルサプーラ工場に第四ラインを増設しました。

これにより、ナルサプーラ工場はHondaの世界最大の二輪車工場となり、HMSIはHondaの世界最大の二輪完成車生産拠点として事業に貢献していきます」と話した。

対してHMSI社長 加藤稔氏は、「インドにおける二輪事業は、Hondaの世界の二輪事業において最大の販売市場となっています。

インドで生産された製品の価値を高めることで、Hondaの二輪車生産・輸出拠点として重要な役割を担えるよう取り組んで参ります」とコメントした。

最後にHMSIの公式コメントでは、拠点の生産増強にあたって、「今後もスクーターを中心に拡大が見込まれるインドの二輪車市場において、質の高い魅力的な商品をお客様へ提供して参ります」と述べている。

 

ホンダモーターサイクルアンドスクーターインディアプライベート・リミテッド(Honda Motorcycle&Scooter India Pvt.Ltd.)の概要は以下の通り

設立 : 1999年8月
本社所在地 : ハリアナ州グルガオン地区IMT マネサール地域
資本金 : 31億ルピー
出資比率 : 本田技研工業株式会社 100%
代表者 : 社長 加藤稔(かとうみのる)
事業内容 : 二輪車の製造・販売
生産能力 : 第一工場(ハリアナ州マネサール)160万台/年第二工場(ラジャスタン州タプカラ)120万台/年第三工場(カルナタカ州ナルサプーラ)240万台/年第四工場(グジャラート州アーメダバード)120万台/年
生産機種 : Activa、Activa125、Dio、Aviator、CB Unicorn、CB Shine、CBF Stunner、CD Dream、CBR250R、CBR150R、NAVI、Dream Yuga、Livo etc
従業員数 : 約22,000名