ホンダ、厳しさ増す国内環境に向けて国内二輪の販売網を2チャネル体制に統一

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ホンダの国内二輪総合販売会社である株式会社ホンダモーターサイクルジャパン(本社:東京都北区、社長:加藤 千明)は、国内販売網を再構築。2018年4月より、新販売体制で再スタートを切る。

具体的には、現在5つの販売体制を「Honda Dream(ホンダ ドリーム)」と「Honda Commuter(ホンダ コミューター)」の2チャネル体制へと一新していく。

現在、同社の国内二輪販売は、ホンダブランドで二輪車のフルラインアップを取り扱う「Honda DREAM(ホンダ ドリーム)」、「PRO’S WING(プロス ウイング)」、「PRO’S(プロス)」の3販売体制と、Honda二輪車の250cc以下のモデルを取り扱う「Honda WING(ホンダ ウイング)」、「Honda(ホンダ)」の2販売体制の、合計5つの販売体制を展開してきた。

今回、この5つの販売体制を再編し、Honda DreamとHonda Commuterの2チャネル体制に移行させる。

Honda Dreamは、スポーツモデルを中心にHonda二輪車のフルラインアップを取り扱い、ライフスタイルの提案や高品位なサービスを提供。

一方、Honda Commuterは、250cc以下のコミューターモデルを中心に取り扱い、地域に根差し生活に密着した利便性の高い商品と信頼のサービスを提供する。

ホンダでは、「今回の販売チャネルの刷新により、スポーツモデルとコミューターモデルそれぞれのお客様ニーズに的確に応えられる販売網の構築を目指します。

Honda DreamとHonda Commuterは、既存の拠点や販売力の最大活用により、これまで以上に積極的なコミュニケーションを通じて、お客様満足の向上に努めていくと共に、期待を超えるサービスの提供により、信頼と共感を得る先進の二輪ディーラーを目指していきます」と結んでいる。