WRC第5戦ラリー・アルゼンティーナでの首位はヒュンダイ。トヨタ「ヤリスWRC」は5・7位

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

酷烈なラフグラベルラリーを走り抜いたヤリ-マティ・ラトバラ選手(ヤリス10号車)は、86ポイントを積み上げドライバーランク暫定2位をキープ

2017年FIA世界ラリー選手権(WRC)第5戦ラリー・アルゼンティーナの競技最終日となる「デイ4」が4月30日の日曜日、アルゼンチン、コルドバ州のビジャ・カルロス・パス(Villa Carlos Paz)を中心に行われた。

当地アルゼンチン中央部に位置するコルドバ州は、同国で初の大学と司教教区が設立された歴史を持つ。またラリーフィールドであるコルドバ山脈(Las sierras de Cordoba)は、昼間が暑く夜は温和であることから、森や湖が豊かな保養地としてサマーシーズン中には多くの旅行者が訪れる地でもある。

この地で、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組(ヤリスWRC #10号車)は総合5位に。

対してユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム組(ヤリスWRC #11号車)が総合7位でフィニッシュ。いずれも苛酷なグラベルラリーで、2台揃って無事完走して貴重なシリーズポイントを獲得した。

ラリー・アルゼンティーナの最終日となったデイ4は、サービスパークが置かれるビジャ・カルロス・パスの西側エリアで3本のSSが行われた。

SSの合計距離は55.28kmと短いが、SS16とそのリピートステージであるSS18「エル・コンドル – コピナ」は、全体的に路面が荒れており、しかも外気温もかなり上昇した。このため前日に続き、クルマと選手にとって厳しい走行条件となった。

ここでヤリスWRCを駆るラトバラ、ハンニネンの両ドライバーは大きな問題に遭遇する事なく3本のSSを走行。続くデイ3での順位を堅持してラリーをフィニッシュし、2台揃ってポイントを獲得した。

なお、ラトバラはボーナスの選手権ポイントがかかる「パワーステージ」に指定された、最終のSS18で5番手タイムを記録。1点を獲得し、現段階に於いては、ドライバーズランキング2位の座を守っている。

この結果について、チーム代表のトミ・マキネン氏は「非常に困難な条件下で行われた今回のラリー・アルゼンティーナは、我々に厳しい課題を突きつけましたが、そこから多くを学習しました。

ですので、この数日間のチャレンジはとても有益でした。ふたりのドライバーは、いくつかのトラブルに直面しアンラッキーな面もありましたが、素晴らしい仕事をしました。

もしトラブルがなければさらに上の順位でフィニッシュしていたかもしれませんが、今回は手にした結果を喜ぶべきでしょう。

今ラリーでは、柔らかいグラベルと荒れた路面という、ここでしか経験できないようなコンディションを体験し、情報と知識の量をさらに増やす事ができて満足しています。

そして、ヤリスWRCが基本的にとても強いクルマであることが、分かりました」と述べた。

出走ドライバーのコメントは以下の通り

ヤリ-マティ・ラトバラ(ヤリスWRC #10号車)
ラリー最終日は安定した1日でした。スーパーヒーローになろうとは思わず、ただ安全にラリーを走り終えることを優先しました。

我々のヤリスWRCはとても頑強で、前回のグラベルイベントであるラリー・メキシコを走った時と比べると、パフォーマンスも上がっていました。

今日は総合5位でフィニッシュし、パワーステージでは1ポイントを獲得しました。しかし、大切なのは開幕戦のラリー・モンテカルロから安定した走りを続け、選手権で良い位置につけているという事です。

自分のキャリアにおいて、開幕から5戦が終了した時点で選手権リーダーにこれほど近い位置にいた記憶はありません。次のテスト、次のラリーが今からとても楽しみですし、クルマをさらに改善したいと思っています。

ユホ・ハンニネン(ヤリスWRC #11号車)
どうしても完走したかったので、ノートラブルで最終日を戦えて良かったです。

私の前と後ろの選手とはタイム差が大きく開いていたので、リスクを冒さずとにかく注意して走りました。エル・コンドルのステージも自分の予想よりも荒れていたので、クルマを無傷でゴールに運ぶ事だけを考えて走りました。

全体的に今回のラリー・アルゼンティーナは荒れた道が多く、非常にタフで厳しいラリーでした。しかし、我々は完走という目標を達成し、数ポイントを獲得し、そして多くを学べたので、とても満足しています。

【ラリー・アルゼンティーナ デイ4の結果】
– 1位:ティエリー・ヌービル/ニコラス・ジルソー(ヒュンダイ i20 クーペ WRC)3h 38m10.6s

– 2位:エルフィン・エバンス/ダニエル・バリット(フォード フィエスタ WRC)+0.7s
– 3位:オット・タナック/マルティン・ヤルヴェオヤ(フォード フィエスタ WRC)+29.9
– 4位:セバスチャン・オジエ/ジュリアン・イングラシア(フォード フィエスタ WRC)+1m24.7s

– 5位:ヤリ-マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ(トヨタ ヤリス WRC)+1m48.1s
– 6位:ヘイデン・パッドン/ジョン・ケナード(ヒュンダイ i20 クーペ WRC)+7m42.7s
– 7位:ユホ・ハンニネン/カイ・リンドストローム(トヨタ ヤリス WRC)+11m16.9s
– 8位:ダニ・ソルド/マルク・マルティ(ヒュンダイ i20 クーペ WRC)+14m44.1s
9位:マッズ・オストベルグ/オーラ・フローネ(フォード フィエスタ WRC)+15m11.3s
– 10位:ポントゥス・ティディマンド/ヨナス・アンダーソン(シュコダ ファビア R5)+17m32.1s

【2017 FIA世界ラリー選手権 第5戦終了後のドライバーズランキング】
1位:セバスチャン・オジエ/102
2位:ヤリ-マティ・ラトバラ/86
3位:ティエリー・ヌービル/84
4位:オット・タナック/66
5位:ダニ・ソルド/51
6位:エルフィン・エバンス/42
7位:クレイグ・ブリーン/33
8位:ヘイデン・パッドン/33
9位:クリス・ミーク/27
10位:ユホ・ハンニネン/15

【2017 FIA世界ラリー選手権 第5戦終了後のマニュファクチャラーズランキング】
– 1位:Mスポーツワールドラリーチーム/162
– 2位:ヒュンダイ・モータースポーツ/140
– 3位:TOYOTA GAZOO Racing WRT/99
– 4位:シトロエン・トタル・アブダビ・ワールドラリーチーム/71
(現地時間4月30日18時00分時点のリザルトとなる)

次戦のFIA世界ラリー選手権(WRC)は、5月18日から21日にかけてポルトガルの北部で開催されるシリーズ第6戦「ラリー・ポルトガル」となる。

次回ラリーは、WRCを代表する由緒正しきイベントであり、多くの有名なステージによって構成されるグラベルラリーである。

また5月のポルトガル北部は気温が高くなる事も多いため、トヨタチームは、今回のラリー・アルゼンティーナで得た経験と知識を活かし、万全の状態でラリーを戦うべく準備を進めると云う。

なお、TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは更なる改善のための、より多くのデータ収集を目的に、ラリー・ポルトガルでし3台目のヤリスWRCを走らせる。3台目のドライバーには、エサペッカ・ラッピにステアリングを委ねる。

#10号車(ヤリ-マティ・ラトバラ、ミーカ・アンティラ)

#11号車(ユホ・ハンニネン、カイ・リンドストローム)