出光興産協賛の「IDEMITSU ASIA TALENT CUP」が鈴鹿サーキットで初開催


出光興産株式会社(本社:東京都千代田区、社長:月岡 隆)が、メインスポンサーを務める「IDEMITSU ASIA TALENT CUP」の2017年シーズン第3戦が6月4日の鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で開催された。

同社はモータースポーツ文化の発展に貢献することを目的として2017年より、レース参戦に夢を馳せる若者達が挑戦するASIA TALENT CUPのメインスポンサーとして「IDEMITSU ASIA TALENT CUP」の協賛を務めている。

このASIA TALENT CUPは、世界トップレベルで戦い、活躍できる若手ライダーの発掘を目的に2014年に創設された。

この選手権には、日本をはじめとするアジア及びオセアニア地域出身の13歳から、21歳までのライダーがエントリーする本格的なワンメイクロードレース選手権である。

1シーズン全6大会が開催されており、アジアを代表するサーキット場でレース経験を積むことで、ライダー達の成長が育まれる場所となっている。

先の6月4日に開催された第3戦は、鈴鹿サーキットで開催され、若手ライダー達の熱い戦いが繰り広げられた。

今シーズン、日本国内に於けるレース予定では、10月15日に第5戦がMOTOGPと同会場であるツインリンクもてぎで行われることになっている。

関連サイト: