埼玉県春日部市の道の駅「庄和」で、再宅配ロッカー活用の社会実験開始

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ministry-of-land-infrastructure-and-transport-mlit-mandatory-labeling-is-clarification-of-the-license-plate20151229

国土交通省と、道の駅を活用した再配達削減社会実験協議会(有識者、宅配事業者、自治体、関係団体、関東地方整備局、関東運輸局)は10月24日(月)より、道の駅「庄和」(埼玉県春日部市)に再配達受取用の宅配ロッカーを設置し、 地方部での再配達削減のスキームとしての可能性を検証する社会実験を開始する。

in-kasukabe-saitama-prefecture-road-station-showa-social-experiment-the-start-of-the-re-home-delivery-locker-utilization20161014-2

近年トラックドライバー不足が進行する一方、E コマースの進展に伴い、近年宅配便取扱個数が急速に増加。さらに宅配便の約2割が再配達となっており、再配達の削減が重要な課題となっている。

このため、都心部の鉄道駅等で設置が進みつつある再配達用の宅配ロッカーについて、地域の拠点である道の駅に設置し、地方部での再配達削減のスキームとしての可能性を検証する社会実験を官民連携で開始する。また、今後、別の道の駅等においても実験を拡大する予定であると云う。

in-kasukabe-saitama-prefecture-road-station-showa-social-experiment-the-start-of-the-re-home-delivery-locker-utilization20161014-1

<実験概要>
1. 実験期間 : 平成28年10月24日(月)~平成30年3月末 (予定)
2. 実施箇所 : 道の駅 庄和 (埼玉県春日部市)
3. 実施主体 : 道の駅を活用した再配達削減社会実験協議会(有識者、宅配事業者、自治体、関係団体、関東地方整備局、関東運輸局)