インフィニティ、次世代中型SUVビジョン「QX50コンセプト」でInfinityの未来を示唆

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、社長:カルロス ゴーン)は1月9日、2017年北米国際自動車ショーにて、インフィニティの次世代中型プレミアムSUVのビジョンを示す「QX50コンセプト」を世界初公開した。

「QX50コンセプト」は、前身モデルである「QXスポーツ インスピレーション2016」のデザインをベースに、より将来の量産車への適用を示すモデルで、インフィニティ特有の「優雅でありながらもパワフル」なデザインを表現している。

真っ直ぐなラインと流れるような外観は、ダイナミックでありながらも実用的なSUVらしさを表し、ドライバーを中心に据えながら助手席にも配慮したキャビンの有機的なフォルムは、エクステリアの形状に調和するように設計している。

また、インテリアは、漸進なデザインと現代的な技巧を融合することで、プレミアムなインテリアデザインに対して、従来のアプローチを変えるというインフィニティの考え方を表現した。

なお「QX50 コンセプト」は、自動運転支援技術の導入も示唆している。将来の自動運転支援技術開発戦略の中心には、最終的な運転責任はドライバーが持つという考えがある。

ドライバーが最終的な車のコントロール責任を持つインフィニティの自動運転支援技術は、人間に代わってクルマを操縦するのではなく、ドライバーの「副操縦士」として運転を支援するもの。ちなみに同コンセプトは、インフィニティの最先端可変圧縮比エンジン「VCターボ」の将来的な採用も示唆したものとなった。