いすゞ自動車、インドシナ・メコン地域にメーカー不問のトラックサービス拠点を開設

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

いすゞ自動車株式会社(本社:東京都品川区、社長:片山正則、以下「いすゞ」)は、海外市場におけるアフターセールス体制の強化、お客様満足度の向上を図ることを目的に、Truck Service Factory (トラック・サービス・ファクトリー、以下「TSF」)を、インドシナ・メコン地域におけるクロスボーダー物流の要衝であるラオス南部、サワナケット県に開設し、5月より営業を開始した。

TSFが位置するサワナケットは、ミャンマー、タイ、ラオス、ベトナムを結ぶ東西経済回廊と中国、ラオス、カンボジアを結ぶ中央経済回廊を利用するインドシナ・メコン地域におけるクロスボーダー物流の最大結節点であり、日系を含む多くの物流企業が越境輸送事業を展開している。

TSFでは、いすゞ車に限らず、あらゆる商用車メーカーのアフターサービスを行うことで、今後も増加が予想される越境物流における「運ぶ」を、日本品質の高度なアフターサービスで支え、インドシナ・メコン地域の経済発展に貢献していく構え。

併せて、アフターサービスを通じて把握する様々な情報を通じ、現地での実際の商用車の使われ方を熟知することで、当地顧客層に向けて、更に満足度が集る様な「ものづくり精神」と「稼動サポート」体制の実現を目指していく。

<新会社概要>
(1) 名称 :ISUZU Truck Service Factory Lao Co.,Ltd.
いすゞ トラック サービス ファクトリー ラオス
(2) 所在地 :ラオス人民民主共和国サワナケット県
Savan-Seno SEZ Zone B1(サワン・セノ経済特区B1ゾーン)
(3) 代表者 :樺山 麻樹
(4) 事業内容 :商業車の修理・点検・整備、補修用部品販売、市場情報の収集
(5) 資本金 :860,000 米ドル(約1億円)
(6) 設立年月 :2015年12月
(7) 営業開始 :2017年5月
(8) 出資比率 :いすゞモーターズインドチャイナ(いすゞモーターズアジア100%)80%、ISUZU LAO VSA 20%