フォルクスワーゲン ジュニアワールドマスターズ2016に「ダイナモ川越東SC」を派遣


arbitration-court-notice-arbitrage-determined-to-terminate-the-collaboration-between-volkswagen-ag-and-suzuki-motor-corporation20150831-1

フォルクスワーゲン グループ ジャパン株式会社(本社:愛知県豊橋市、代表取締役:スヴェン シュタイン、以下:VGJ)は、2016 年 5 月 13 日(金)から 16 日(月)にかけて、フランス・パリで行われる少年サッカーの世界大会「フォルクスワーゲン ジュニアワールドマスターズ 2016」に、日本代表チームとして、少年サッカーチーム「ダイナモ川越東 SC(監督:高杉 学、本拠地:埼玉県川越市)」を派遣する。

「フォルクスワーゲン ジュニアワールドマスターズ」は、フォルクスワーゲン AG が主催する 13 歳以下の少年を対象としたサッカーの世界大会。

1999 年に第一回大会が行われ、2006 年からは隔年開催の大会となった。前回、第 5 回大会はイタリア・ローマで開催され、フォルクスワーゲンは、グローバル企業としてのネットワークを活かし、22 カ国 23 チーム(ホスト国のイタリアのみ 2チーム)を招待した。

日本からは新潟県に本拠地を置く「FC 下越セレソン」が参加し、日本代表としてブラジルなど強豪国を相手に善戦した。

6 回目となる今大会は、フランス・パリで開催され、世界 20 カ国以上の代表チームが再び世界一の座をかけて戦う。

日本からは、小学生サッカーチームの日本一決定戦の一つである「スポーツオーソリティーカップ 2015(全国大会は 2016 年 1 月開催)」を制覇した「ダイナモ川越東 SC」が日本代表として参戦する。

ダイナモ川越東 SC は、埼玉県川越市に本拠地を置く少年サッカーチームで、設立は 2015 年 4 月と新興チームながら、昨年 9 月に新潟で行われた少年サッカー大会「第 6 回デジタルハリウッド杯ジュニアサッカー大会」でも優勝を飾っており、健闘が期待される。

Volkswagen Junior World Masters オフィシャルウェブサイト