ジャガー・ランドローバー、走行中の死角を見通す自動運転技術を先導

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

死角を「感知する」技術で470万ポンド(約7.03億円)規模を投資し、該当プロジェクトをリード

ジャガー・ランドローバーオートモーティブPLC(Jaguar Land Rover Automotive PLC、本社:英国・コベントリー、CEO:ラルフ・スペッツ)は英国時間の4月20日、同国の自動運転車両導入促進を目指して発足したコンソーシアム「AutopleX」に参加していると発表した。

具体的に同社は、470万ポンド(約7.03億円)を投じて、曲がり角の先の状況や障害物の向こう側など、死角を「感知」する自動運転車両の開発プロジェクトを先導しているのだと云う。

ちなみにこの「AutopleX」は、英国における自動運転車両の導入促進のために2018年3月に発足したコンソーシアムである。

このコンソーシアムでは、最先端の技術、自動車関連企業、先進的な自治体や教育機関などが集まり、ミッドランズやコベントリー・シティセンターにおける大規模なコネクテッド自動運転技術の試験を実施している。

プロジェクトにはHighways England、INRIX、リカルド、シーメンス、ウェストミッドランズ交通局、ウォーリック大学が参加

「AutopleX」は政府および産業の共同出資で発足したもので、参画企業の選定は、英国のイノベーション推進機関である「Innovate UK」が行っている。

このプロジェクトで同社は、コネクテッド技術、自動運転技術、そしてリアルタイム・マッピング技術を融合し、自動運転車両に対してより早い段階で情報伝達をするために研究・開発を行ってきた。

実際に、この構想が実現すれば、自動運転車両がすべての道路利用者や死角にある障害物と相互通信して状況を事前に把握し、自動運転による安全な車線変更や複雑な環状交差点の走行が可能になる。

自動運転車両間で「感知」「会話」を可能にするコネクテッド・自動運転・リアルタイム・マッピング技術を融合

この取り組みについてジャガー・ランドローバーのコネクテッド&自動運転車両研究マネージャーであるクリス・ホームズ氏は、「近い将来、お客様に自動運転車両を提供できるようにするためには、このプロジェクトの成功が鍵となります。

『AutopleX』に参画しているパートナーたちと連携しながら、コネクテッド技術と自動運転技術に関する研究成果を、実際の道路環境で安全に走行できる高度な自動運転車両の実現を目指しています。

当社としても、本プロジェクトに参画することで、高機能かつ高性能な自動運転技術の開発がさらに前進すると信じています。

実際、当社は完全自動運転車両と部分的な自動運転車両の開発に取り組んでおり、これは、お客様に自らの運転で楽しむか、運転は車両に任せて安全に移動するか、という選択肢を提案していきく予定です。

また我々開発陣としては、オンロードやオフロードなどの路面状況だけでなく天候条件など、現実社会で遭遇するあらゆる運転環境に対応できる自動運転車両を提供することをビジョンに掲げています」と語っている。

<正規販売ディーラーネットワーク 一覧>
ジャガー: http://www.jaguarjapan.com/dealer/dealer.html 
ランドローバー:http://www.landrover.co.jp/dealer-locator.html 

Jaguarウェブサイト: http://www.jaguar.co.jp/index.html 
Facebook: https://www..com/JaguarJapan 
Twitter: https://.com/JaguarJPN 
Instagram: http://.com/Jaguar 
YouTube: http://www..com/JaguarCars 

問い合わせ先
ジャガーコール(フリーダイヤル)0120-050-689
(9:00~18:00、土日祝日を除く)

Land Roverウェブサイト: http://www.landrover.co.jp 
YouTube: https://www..com/user/landroverchanneljp 
Facebook: https://www..com/LandRoverJapan 
Twitter: https://.com/LandRoverJPN 
Instagram: https://www..com/landroverjpn/ 

問い合わせ先
ランドローバーコール(フリーダイヤル)0120-18-5568
(9:00~18:00、土日祝日を除く)