日本自動車工業会、東京モーターショー発祥の地で60周年記念パレードを実施

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

jama-announces-automobile-production-results-of-june-and-the-first-half-january-june20150802-5

一般社団法人日本自動車工業会(所在地:東京都港区芝大門1丁目1−30、会長:池史彦、以下、自工会)は、第44回東京モーターショー2015(会期:10月29日(木)から11月8日(日)、一般公開は10月30日(金)から)の開幕前週の10月24日(土)に「東京モーターショー60周年記念パレード」を実施すると発表した。

the-44th-tokyo-motor-show-2015-exhibitors-is-determined-by-all-of-the-exhibition-department20150521-1-min
第1回全日本自動車ショウは、総裁に高松宮殿下のご就任を得て昭和29年4月20日、東京・日比谷公園内広場で開催された。当時、家庭の「3種の神器」は電気冷蔵庫、洗濯機、掃除機とされていた時代だった。
the-44th-tokyo-motor-show-2015-exhibitors-is-determined-by-all-of-the-exhibition-department20150521-2-min
第44回東京モーターショー2015は、会期:10月29日(木)から11月8日(日)、一般公開は10月30日(金)からの開幕となる。

第1回全日本自動車ショウ(1954年)が東京・日比谷公園で開催され、その後は、後楽園競輪場、晴海国際見本市会場、千葉・幕張メッセ、そして現在の東京ビッグサイトと歴史を重ね、昨年2014年に東京モーターショーは、60周年を迎えた。

これを記念し、1950年代から各年代を代表する乗用車・商用車・二輪車(約70台)が、自工会各社トップの参加のもと、東京モーターショー発祥の地である日比谷公園に近い銀座みゆき通りをスタートし、国道1号線の起点である日本橋、そして日本を代表する繁華街・銀座を巡ります。

また、パレード終了後には、日比谷シャンテ周辺の歩行者天国に一部のパレード車両を展示する予定。

オープニングセレモニーでは、自工会の池会長の登壇をはじめ、パレード車両のドライバーとして参加する自工会各社トップによる、テープカットとフォトセッションを予定している。

本イベントにより、日本のモータリゼーションの発展を振り返ると共に、その翌週末から開催される第44回東京モーターショー2015開催の告知と盛り上げにつなげていく。
なお、参加者やパレード車両等の詳細については、10月1日(木)される予定だ。

<東京モーターショー60周年記念パレード開催概要(予定)>
実施日時 2015年10月24日(土) 9時~10時30分
スタート 東京・銀座みゆき通り
コ ー ス 約6km(銀座みゆき通り~日比谷公園~日本橋~銀座)
参加車両 約70台(国内外の各年代を象徴する乗用車・商用車・二輪車)