JFEスチール「1.5ギガパスカル級自動車用冷延鋼板」で平成29年度省エネ大賞

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

JFE(ジェイ エフ イー)スチール株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柿木厚司)は「省エネと衝突性能を両立させた1.5ギガパスカル級自動車用冷延鋼板」で「平成29年度省エネ大賞 製品・ビジネスモデル部門」(主催:一般財団法人 省エネルギーセンター、後援:経済産業省)の「資源エネルギー庁長官賞」を受賞した。

受賞した「1.5ギガパスカル級自動車用冷延鋼板」のモデル部品成形例

またこれに伴い2月14日に東京ビッグサイト(東京・江東区)にて表彰式が行われた。「省エネ大賞」は、事業者や事業場等において実施した、他者の模範となる優れた省エネへの取り組みや、省エネルギー性に優れた製品並びにビジネスモデルを表彰するもの。

日本全体の省エネ意識の拡大、省エネ製品の普及などによる省エネ型社会の構築に寄与することを目的としている。

その中で「製品・ビジネスモデル部門」は、日本の産業、業務、運輸各部門で国内で購入可能な優れた省エネルギー性を有する製品(要素製品及び資材・部品などを含む)、並びに省エネルギー波及効果の高いビジネスモデルなどを表彰する制度となっている。

(左から)スチール研究所長 曽谷保博、スチール研究所薄板研究部長 船川義正、主任部員 小野義彦、薄板セクター部 主任部員 岡田和久、スチール研究所薄板研究部 吉岡真平

その受賞理由は、鉄鋼製造・輸送・プレス加工・自動車走行の各工程で、大きな省エネ効果が得られたことが高く評価されたため。

受賞製品の「1.5ギガパスカル級自動車用冷延鋼板」は、西日本製鉄所(福山地区)にある独自のWQ方式(水焼入れ。Water Quenchの略)連続焼鈍プロセス(JFE-CAL)を活用し、冷間加工用の鋼板としては世界最高強度の1470MPa級冷延ハイテンを2014年に量産を開始したのが始まり。

WQ方式の極めて高い冷却速度(1000℃/秒以上)を利用して高強度化し、遅れ破壊の原因となる合金の添加を極限まで低減することで、1470MPa級の高強度と優れた耐遅れ破壊特性を両立させた。

この1470MPa級冷延ハイテンは、従来の980MPa級ハイテンに対し、2倍の降伏強度を有し、優れた衝突性能を維持して大きな部品軽量化効果が得られる。

また同一の部品性能を従来よりも2割少ない素材の量で実現でき、鋼材製造・輸送・自動車走行の各工程で省エネに貢献する。また室温でのプレス加工が可能であり、熱間成形工法で必要だった加熱工程を省略することで、生産性向上・省エネにも貢献している。