JFEスチール、省資源型高耐熱ステンレス鋼が第6回ものづくり日本大賞の経済産業大臣賞

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

JFE(ジェイ エフ イー)スチール株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:柿木厚司)は、「環境に優しい自動車づくりに貢献する省資源型高耐熱ステンレス鋼の開発」により、第6回ものづくり日本大賞の経済産業大臣賞を受賞した。

これで同社の経済産業大臣賞受賞は、第3回から4回連続となった。表彰式は、11月2日にザ・プリンス パークタワー東京(東京・港区)にて行われた。

ものづくり日本大賞とは、平成17年に創設された表彰で、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきた「ものづくり」を着実に継承し、さらに発展させていくために、製造・生産現場の中核を担っている中堅人材や今後を担う若手人材など「ものづくり」に携わっている各世代の人材のうち、特に優秀と認められる人材等を表彰する制度である。

1.受賞件名:
環境に優しい自動車づくりに貢献する省資源型高耐熱ステンレス鋼の開発

2.受賞理由:
今回の受賞は、環境対策の観点から、高温化する自動車の排ガスに耐えられる排気系部品として、希少金属のモリブデン(Mo)を使用せず、従来鋼と同等以上の耐熱疲労性と良加工性が両立可能なステンレス鋼を開発、実用化した。

3.開発の概要:
『JFE-TF1』(*)は、同社が開発した高耐熱性・高加工性を有する省資源型フェライト系ステンレス鋼板。

800℃を超える高温下での耐久性および、複雑な形状への加工にも対応できる加工性を兼ね備え、エキゾーストマニフォールドや触媒コンバータケースなど自動車の排気系部品に使用される。

jfe-steel-resource-saving-type-high-heat-resistant-stainless-steel-6th-manufacturing-japan-grand-prize-of-economy-trade-and-industry-ministers-award20151102-2
『JFE-TF1』を使用した排気系部品(コンバータケース)

従来、このような耐熱部品には、耐熱性を向上させる特性を持つMoを添加したステンレス鋼板が主に使用されてきたが、レアメタルであるMoは価格が乱高下し不安定であるという課題があった。

これに対し同社は、銅やアルミニウムという元素の活用により、Moを添加する事なくMo添加鋼と同等以上の耐熱性を実現した。

また、優れた加工性も有することから、従来は2つの部品を溶接により繋ぎ合わせて製造していたものを、1つの部品として加工することで、部品点数や製造工数の削減に寄与することもできる。(*)TF1: Thermal Fatigue 1 の略。熱疲労特性が1番優れているという意味。