JXTG、豊洲の東京オリパライベントにENEOSブース出展


JXTGエネルギー株式会社(本社:東京都千代田区、社長:大田 勝幸)は、8月16日(木)から19日(日)に東京都江東区豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドックららぽーと豊洲」にて実施される東京2020競技体験イベントに出展する。

これは公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が主催する「東京2020 Let’s55 ~レッツゴーゴー~ with三井不動産」に協賛してENEOSブースを出展するもの。

同プロジェクトは、東京2020オリンピック・パラリンピックが開催される2020年までに、開催全55競技を広く体験・周知していくことを目的に展開されるもの。今回はその第1弾として、オリンピック13競技と、パラリンピック8競技の競技体験コンテンツを設けた。

そのなかでENEOSブースは、アーチェリーとパラアーチェリーの競技体験コーナーの他に、同社のキャラクター「エネゴリくん」を用いたフォトスポットを設置した。

同社は、「東京2020ゴールドパートナー(石油・ガス・電気供給)として、ENERGY For ALLを合言葉にすべての人に熱いエネルギーをお届けする様々な活動を展開し、東京2020大会の成功に貢献してまいります」と話している。

東京2020 Let’s55 ~レッツゴーゴー~ with 三井不動産
1.日時:8月16日(木)から19日(日)11:00から18:00
特に8月16日(木)はアスリートや東京2020マスコット(ミライトワ、ソメイティ)が参加するオープニングセレモニーが開催される。

参加アスリート:平野早矢香ロンドン2012オリンピック 銀メダリスト(卓球団体)/大場美和(スポーツクライミング)/渡邊剛(パラ卓球)/室伏広治 東京2020組織委員会 スポーツディレクターなど。

オープニングセレモニー日時:8月16日(木)10:30~11:00
オープニングセレモニー場所:シーサイドデッキ
※雨天時は一部プログラムを変更して同会場内「センターポート」で開催。

2.会場:三井ショッピングパーク アーバンドックららぽーと豊洲

3.体験競技:
(1)オリンピック競技 13競技/アーチェリー、陸上競技、カヌー、サッカー、体操、ラグビー、セーリング、テコンドー、スケートボード、スポーツクライミング、卓球、バレーボール、空手。

(2)パラリンピック競技 8競技/アーチェリー、陸上競技、ボッチャ、カヌー、5人制サッカー、パワーリフティング、水泳、テコンドー。

実施場所と開催環境などは以下の通り

競技体験ステージ
オリンピック競技9競技とパラリンピック競技3競技を開催。各ステージにて、アスリートによるパフォーマンスと、指導による競技体験を愉しめる。またイベント開催初日は、ゲストアスリートや東京2020マスコットも登場するオープニングセレモニーを開催する。

場所:シーサイドデッキ
競技体験参加受付開始時間:8月16日(木)11:30開始、8月17(金)~19日(日)10:30開始
受付場所:競技体験ステージエリア受付ブース

競技体験ブース(上記会場マップを参照されたい)
パートナー企業各社や関係団体による競技体験ブースや競技体験コンテンツを、三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲施設内屋内外に毎日最大9箇所設置。4日間を通じて12競技を各ブースにて体験できる。

主催:公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
共催:三井不動産株式会社
後援:スポーツ庁(予定)、東京都、公益財団法人日本オリンピック委員会、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会日本パラリンピック協会

4.Webサイト: