KYB、国際会計基準(IFRS)の任意適用を決議

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

KYB株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:中島康輔、旧カヤバ工業株会社、以下、KYB)は、3月25日開催の取締役会に於いて、平成 28 年3月期(第 94 期)の有価証券報告書における連結財務諸表から、従来の日本基準に替えて、国際会計基準(以下、IFRS)を任意適用することを決議した。

同社グループは、資本市場における財務情報の国際的な比較可能性の向上や、グループ会社の会計基準統一による経営の効率化および迅速化を目指し、IFRSを任意適用することにしたと云う。

なお、平成 28 年3月期の決算短信および会社法に基づく連結計算書類については、従来同様、日本基準を適用していく。

<IFRS任意適用に向けた開示スケジュール(予定)>kyb-resolved-to-any-application-of-the-international-accounting-standards-ifrs20160330-1