MT限定車のメガーヌ ルノー・スポール カップ発売

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

ルノー・ジャポン株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:大極 司)は3月22日、限定車のメガーヌ ルノー・スポール カップを全国のルノー正規販売店で販売した。

ベースモデルはモータースポーツで鍛えた、4輪操舵システムの4コントロール、ダンパー内に第2のダンパー(セカンダリー ダンパー)を持つ4輪ハイドロリック・コンプレッション・コントロール(HCC)など備えたメガーヌ ルノー・スポール。

メガーヌ ルノー・スポール カップは同車に、ロールを抑えたシャシー、トルセン®LSD、バイマテリアル構造のフロントブレーキ、6速マニュアルトランスミッション(MT)を装備した限定車。

その走りは、前後輪すべてを操舵させる4コントロールは、ワインディングでは際立つ俊敏さを、高速コーナーでは高い安定性を生み出し、コーナリング性能を飛躍的に高めるのだという。

加えて先の4輪ハイドロリック・コンプレッション・コントロールは、ダンパーの中にセカンダリーダンパーを組み込んだ構造を持ち、このセカンダリーダンパーの働きによりコーナリング中に路面から大きな入力があった場合にタイヤがグリップを失い難いのだとしている。

このシャシーに、冷却性能の向上と軽量化を実現したアルミ製ハブ/鋳鉄製ベンチレーテッドディスクのバイマテリアルフロントブレーキと6速MTを搭載し、クローズドコースでのスポーツドライビング性能を高めた。

そんなメガーヌ ルノー・スポール カップの主な装備は以下の通り

・シャシーカップ
メガーヌ ルノー・スポールに対し、スプリングレートをフロント23%、リア35%、ダンパーレートを25%高め、加えてフロントアンチロールバーの剛性も7%高めたシャシーのシャシーカップは、ロールを抑え、正確なハンドリングをもたらす。一方、HCCの長さが10%長くなり、路面追従性が高められている。

・トルセン®LSD
トルセン®LSDは、サイドギヤを分割し、結合部にワンウェイ構造のヘルカルスプラインを採用したLSD。これは左右輪のトルク配分比を高め、トラクション性や走行時のフィーリングを向上させるといった機能に加え、アクセルオンの時は差動制御が大きく機能しトルク配分比を大きく高める一方で、アクセルオフの時には差動制御の効きを抑えてドライバビリティの向上を目指した。

・バイマテリアルフロントブレーキ
フロントブレーキには、鋳鉄製のベンチレーテッドディスクにアルミ製ハブを組み合わせたバイマテリアルブレーキを採用。メガーヌ ルノー・スポールに比べ1個当り1.8㎏軽量化を達成し、冷却性能も向上させている。