LEXUS(レクサス)、NXを一部改良


トヨタ自動車株式会社(本社:愛知県豊田市、代表取締役社長:豊田 章男)傘下のLEXUSブランドは、NXを一部改良し全国のレクサス店を通じて5月6日に発売する。

NXは「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに2014年の投入。以降RXと共にLEXUSの中核モデルとしてグローバル販売を牽引してきた。

今回の一部改良では、予防安全パッケージLexus Safety System +の各機能を進化させ、事故の防止や交通事故死傷者のさらなる低減と、ドライバーの負担軽減を目指す。

特に「Lexus Safety System +」では、単眼カメラとミリ波レーダーの性能向上により、昼間の自転車運転者や夜間の歩行者も検知可能となり、自動車専用道路等でレーダークルーズコントロール使用時に同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する機能を備えている。

外板色は、赤土のような重厚感と日差しで際立つ発色により、深みと鮮やかさを両立させたブレージングカーネリアンコントラストレイヤリングを新たにオプション設定。また内装色には使用別にブラック&アクセントサンフレアブラウンのほか、ブラック&アクセントマスタードイエローも新たに設定した。販売価格は¥4,425,055-から¥5,717,127-(北海道地区のみ価格が異なる。リサイクル料金は含まれない)。
車両情報: