マセラテイ・ギブリ他、フロアマット、フロアカーペットのリコール届出

Tweet
このエントリーをはてなブックマークに追加

マセラティ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:牧野一夫)から、平成28年4月26日、国土交通大臣に対して、マセラテイ・ギブリ他に該当するフロアマット、フロアカーペットに関する以下のリコールの届出があった。

リコール届出日:平成28年4月26日
リコール届出番号:外-2327
リコール開始日:平成28年4月26日

届出者の氏名又は名称:マセラティ ジャパン株式会社
日本に於ける代表者:牧野一夫
製作国:イタリア
製作車名:マセラティ社
問合せ先:マセラティ コールセンター
TEL:0120-965120

不具合の部位:(1)フロアマット、(2)フロアカーペット

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因:
(1)運転席のフロアマットを固定しない状態で使用すると、当該マットを固定するピンが運転者の足等の接触により破損することがある。そのため、フロアマットが前方にずれ、アクセルペダルを一杯に踏み込むと、アクセルペダルの先端がフロアマットに引っかかり、エンジン回転数が下がらなくなるおそれがある。
(2)左ハンドル車の運転席用フロアカーペットにおいて、当該カーペットの組付けが不適切なため、フロアカーペットにたわみが生じた状態で取り付けられているものがある。そのため、アクセルペダルを一杯に踏み込むと、アクセルアームとフロアカーペットが接触し、エンジン回転の下がりが遅くなるおそれがある。

改善措置の内容:
(1)全車両、ずれにくい素材のフロアマットおよび下端部が短いアクセルペダルカバーの対策品と交換する。なお、生産段階で、対策品のフロアマットが組付けられているものは、アクセルペダルカバーのみを対策品と交換する。
(2)全車両、フロアカーペットの状態を確認し、アクセルペダルアームと接触している場合はフロアカーペットの一部を切除する。

不具合件数国内:0 件
事故の有無 国内:なし
発見の動機:イタリア本国からの情報による。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置:
・ 使用者:ダイレクトメールにて通知する。
・ 自動車分解整備事業者:使用者を把握しているので機関誌等への掲載は行わない。
・ 改善実施車には、運転者席側ドア開口部のドアロックストライカー付近に外-2327 のステッカーを貼付する。

maserati-ghibli-other-floor-mat-recall-notification-of-the-floor-carpet20160501-1maserati-ghibli-other-floor-mat-recall-notification-of-the-floor-carpet20160501-2