マツダ、クリーンディーゼルSKYACTIV-Dが平成28年度全国発明表彰「恩賜発明賞」受賞


マツダ株式会社(本社:広島県安芸郡府中町、社長:小飼雅道、以下、マツダ)は、新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D(スカイアクティブ ディー)」に採用した「ディーゼルエンジンの燃焼室構造」の発明が、公益社団法人発明協会主催の平成28年度全国発明表彰において、最高位の賞である「恩賜発明賞」を受賞したと発表した。

mazda-clean-diesel-skyactiv-d-is-2016-fiscal-year-national-invention-award-imperial-invention-award20160529-1

この賞は、皇室からの御下賜金を拝受して行う全国発明表彰の象徴的な賞として、最も優秀と認められる発明等の完成者に贈呈されるもの。

  • 受賞対象:
    ディーゼルエンジンの燃焼室構造(特許第5338268号)
  • 受賞者:
    – 志茂 大輔(しも だいすけ)
    マツダ株式会社 エンジン性能開発部
    – 金 尚奎(きむ さんぎゅ)
    マツダ株式会社 パワートレイン技術開発部
    – 片岡 一司(かたおか もとし)
    マツダ株式会社 パワートレイン技術開発部

mazda-diesel-culture-sports-science-and-technology-ministers-commendation20150407-1

今回受賞した発明は、自動車用量産ディーゼルエンジンで世界一の低圧縮比14.0を実現し、ディーゼル車としてトップクラスの低燃費、NOx排気後処理装置無しで厳しい排ガス規制に適合するとともに伸びやかな加速を体現できる低圧縮比クリーンディーゼルエンジンの主要な技術。

具体的には、燃焼室形状に卵型楕円関数を採用することで、燃焼室内の縦方向の旋回流を強化した。

これにより燃料噴霧と空気との混合促進を図り、低圧縮比化によるNOx・すす等の有害排出物の低減効果を最大限に引き出すことに成功した。

SKYACTIV-Dは、国内外の厳しい排ガス規制(国内ポスト新長期/欧州EURO6)に適合できるレベルまでNOxを低減しながら、燃費を従来比約20%程度改善させている。

新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」の燃焼室構造

なお、表彰式は6月15日(水)、ホテルオークラ東京(東京都港区)において行われる予定。

公益社団法人 発明協会
 To-jump-to-external-page20150401

新世代クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D」
 To-jump-to-external-page20150401